介護福祉士の求人傾向や給与・活躍できる場所にはどんな所があるのか?

介護福祉士の求人傾向や給与・活躍できる場所にはどんな所があるのか?

介護福祉士の求人傾向は最近どのようなものになっているのでしょうか。

 

また介護福祉士が活躍できるような場所はどのような場所があるのでしょうか。

 

給料など待遇面についても解説していきます。

 

介護福祉士の求人傾向について。今、介護福祉士が求められている

介護保険が施行されて以来介護福祉士の求人傾向は年々変化していっています。少し前までは介護福祉士を求められることは少なく、旧ヘルパー2級以上というのが介護職になる要件でした。

 

しかし、近年は専門性の向上や施設全体の介護の質を上げるために、介護福祉士を持っている人を募集しているところが多くなりました。

 

介護福祉士が求められる背景には介護の質を向上させること以外に、加算を取る目的もあります。施設サービスや在宅サービスに関わらず一定以上の介護福祉士を配置しておくと加算がもらえるため、介護福祉士を求める傾向にあります。

 

介護福祉士の求人傾向について。募集しているところの変化

以前までは介護の求人といえば特養がメインでしたが、特養では人材不足は既存の職員の定着から以前よりも人材不足に悩むことは少なくなったと言われています。

 

その代わりに在宅サービスや他のサービスでの求人が増えました。特に増えているのはデイサービスです。

 

デイサービスはここ数年で飛躍的に増加しており、在宅サービスの中でも一番の新規参入率になっています。その為、デイサービスでの募集が求人広告などに多く掲載されていますが、その多くは介護福祉士よりも無資格、旧ヘルパー2級が募集されています。

 

介護福祉士は訪問介護のサービス提供責任者や、サービス付き高齢者向け住宅などの管理者などに求められるようになりました。

 

介護福祉士の求人傾向について、給与の変化

介護福祉士の給与の変化もここ最近見られています。介護福祉士の給与は以前に比べて上がっています。

 

これは国の施策でもある処遇改善費が支給されているからだと言われています。処遇改善費は50床規模のユニット特別養護老人ホームであれば職員一人あたり年間4万円から6万円支給されますので、その分は確実に上がっています。

 

また、先ほども書いたように介護福祉士を配置することによって加算が支給されますので、その分が給与に反映していることが給与アップに繋がっています。

 

介護福祉士の働く場所について

介護福祉士が働く場所は、特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、老人保健施設、病院、障がい者施設などの施設系。その他には
訪問介護、通所介護、ショートステイなどの在宅サービスです。

 

基本的に介護福祉士が働く場所は、日常生活に支障をきたした人が過ごすところです。

 

介護福祉士は働く場所が非常に多いですので、資格を取得しておけば就職に困ることはまずありません。

 

また、今後も高齢者は増えていく見込みですので、その活躍の場はもっと増えてきます。

 

介護保険上のサービス以外で働く介護福祉士もいます

介護保険は便利に見えますが、一人一人使えるサービスの量が決まっており、それを越した分は基本的には使えない仕組みになっています。

 

そのため、現在注目されているのは介護保険が関係の無い実費のサービスです。介護保険ではまかうことの出来ない旅行の付き添い、大きな買い物、趣味などの介助を行ったり、介護保険では対応できない部分を実費で行います。

 

また、ヘルパーの入る時間はおおよそ1時間と定められていますが、実費であればそれ以上入ることもできます。

 

そういったサービスを展開している会社に介護福祉士として努めます。

 

実費であれば1時間に3000円から5000円ほど支払うことになり、その金額は介護保険を使うことに比べればおおよそ10倍になりますので、満足のいくサービスを展開する為にそういった会社は質の高い介護を提供する為に、介護福祉士を雇っているのです。

 

以前であれば介護福祉士は給与が安く休みも無いといったイメージでしたが、以前に比べて現在は少し良くなってきています。介護福祉士の受験要項も難しくなってきており、今後も介護福祉士の地位は向上していく傾向にあります。

介護転職サイト

関連ページ

介護福祉士になるには?
介護福祉士になりたい方へ。仕事内容や求人情報・受験資格取得方法や試験に受かるためのポイントついて解説しています。
介護福祉士の給料・年収はいくらくらい?
介護福祉士の給料・年収は一体いくらくらいなのか?賃金が低い所と高い所の特徴や、介護福祉士からステップアップするための方法も教えます。
介護福祉士の役割や仕事内容について解説
介護福祉士の仕事内容や実際に活躍している場所、社会での役割・近年の傾向について説明しています。
介護福祉士からのステップアップ
介護福祉士の資格を取得した後に、どのような形でステップアップしていけばいいのか?介護関連の資格や職業を紹介していきます。