介護福祉士の給料・年収はいくらくらい?賃金が高い施設についても

介護福祉士の給料・年収はいくらくらい?賃金が高い施設についても

介護福祉士の給与年収はいくらぐらいになるのでしょうか。

 

介護福祉士の年収平均は250万円

介護福祉士の年収の平均はおおよそ250万円前後と言われています。これは、他の職種と比べても低い水準になります。

 

また、夜勤も含めての金額ですので、いかに介護福祉士が低いのかを実感できるかと思います。

 

賃金が低いところの特徴

平均年収250万円は介護福祉士全体の平均ですので、これよりも低いところで働く介護福祉士もいます。

 

年収が低くなってしまうところの特徴としては、収入が安定していない施設や会社です。特に最近増えてきているデイサービスは新規参入のところが非常に多く、そういったところでは会社の規模自体も小さく収入も安定していないので、社員に支払う賃金も低くなっている傾向にあります。

 

小規模デーサービスで働く介護福祉士の方は月に手取りで12万円から14万円になることもあり、これは基本給が低いこともありますが、夜勤が無いということが一番大きな要因になっているようです。

 

また、新型特養と呼ばれている特養でも規模が小さいこともあり収入が少ない、法人としての歴史も少ないところが多いですので安定しておらず、社員に支払う賃金も少ない傾向にあります。

 

賃金が高いところの特徴

賃金が高い所は、従来型の特養、老人保健施設、一部の有料老人ホームです。従来型の特養は新型特養に比べても利益は非常に大きく、その分給与を高く設定していたり、ボーナスを高めに設定していたりしますので、平均年収は高い傾向にあります。

 

老人保健施設では母体が医療法人であることが多く、収益的にも安定しており看護師よりも若干低い給与で介護士を雇っている施設が多くあります。

 

有料老人ホームでは一部の高級有料老人ホームに見られることですが、介護の質を上げるために働く職員は全員介護福祉士、高い給与を支払う代わりに質の高いサービスを提供することが求められます。

 

有料老人ホームであれば年収450万円以上の介護福祉士も存在しており、役職が付けば年収500万円も夢ではありません。

 

介護福祉士がステップアップするには

介護福祉士がステップアップする道として一番多いのが、ケアマネージャーの資格です。ケアマネージャーは実務経験が5年以上あれば、試験を受けることができます。試験に合格することができればケアマネージャーになることができますので、ステップアップとしては取得しやすい資格だと言えます。

 

また、ケアマネージャーを取得すると資格手当を支給してくれるところもありますので、是非調べて取得しておきましょう。

 

その他には介護のスキルを上げる、レクリエーションインストラクター、福祉住環境コーディネーター、シニアピアカウンセラーなどがあります、これらは直接現在の仕事に結びつくものですので、知識の向上という意味では取得をおすすめします。

 

おすすめの介護福祉士からステップアップできる資格

おすすめする資格としては社会福祉主事です。社会福祉主事は大学で単位を取得しておけば卒業と同時に取れる資格ですが、持っていない人も多くいます。

 

大学に通っていない人は、通信教育でおおよそ1年間学べば取得することができますし、通信教育ですので働きながら取得することができます。

 

社会福祉主事の取得をおすすめする理由としては、相談員になれる道ができるからです。都道府県によっては介護福祉士でも相談員になれるところもありますが、多くの施設では最低要件として社会福祉主事を取得していることを要件としています。

 

介護福祉士として現場で働くことも良いですが、体を壊した、夜勤ができないなどの身体的な理由や、相談員の業務を経験してみたいという理由で相談員を目指す方も多いです。

 

なにより、介護福祉士では現場しか道は無いですが、社会福祉主事を取得していれば相談員の道も開けてきますので、選択肢が増えることはその後の自分のプランも考えやすくなります。

 

介護福祉士は今後ますます重要視されてくるのは間違いないですし、給与も年々増加傾向にあります。看護師よりも高くなることは無いかと思いますが、それに近いぐらいの水準になる可能性は十分に考えられます。

介護転職サイト

関連ページ

介護福祉士になるには?
介護福祉士になりたい方へ。仕事内容や求人情報・受験資格取得方法や試験に受かるためのポイントついて解説しています。
介護福祉士の求人傾向や活躍できる場所
介護福祉士の求人は今どのようになっているのか?また介護福祉士が活躍できる職場は?給料など待遇面とともに解説していきます。
介護福祉士の役割や仕事内容について解説
介護福祉士の仕事内容や実際に活躍している場所、社会での役割・近年の傾向について説明しています。
介護福祉士からのステップアップ
介護福祉士の資格を取得した後に、どのような形でステップアップしていけばいいのか?介護関連の資格や職業を紹介していきます。