介護職の資格

介護職の資格記事一覧

介護職は無資格でも働けますが、やはり資格を持っていた方が転職には有利になります。また、現在資格を取得して働いている人も、新たに資格を取得していると転職が有利になります。介護職の資格はどういったものがあるのでしょうか。介護職関連の資格の中からおすすめの資格をご紹介していきます。介護福祉実務者研修介護初任者研修という資格が介護の入門資格であれば、介護福祉実務者研修は中級車向けの資格です。これから介護を...

介護職は資格で働く事ができる仕事です、中には無資格で介護の仕事をしている方もいらっしゃいますが、いずれは介護に携わる人は皆資格が必要になってきます。また、現在介護職で介護福祉士やヘルパー2級(初任者研修)などの資格をお持ちの方は、将来的にどのような形でステップアップしていけば良いのでしょうか。こちらで詳しく解説していきます。介護福祉士を取得しよう介護職として働くのであれば介護福祉士を取得すると良い...

介護支援専門員(以下ケアマネ)は介護保険ができた時に作られた資格です。ケアマネを取得する為にはどうしたら良いのか、また、仕事内容、求人内容はどのようなものなのかご紹介していきます。

社会福祉主事とは元々社会福祉事務所などの職員に任用される際に用いられる資格であり、任用資格としてできました。現在では社会福祉に精通している資格として認識されています。社会福祉主事を取得するためにはどういった事をしていけば良いのでしょうか。仕事内容、求人についてご紹介していきます。

介護福祉実務者研修はより質の高い介護を提供する為に創設された資格です。現在介護の資格は主に3つできています。介護職員初任者研修が旧ヘルパー2級の扱い、介護福祉実務者研修が旧ヘルパー1級の扱い、その上に介護福祉士があるイメージです。

介護予防運動指導員は、主に要支援者や高齢者に対して介護にならないような体つくり、運動を指導していく専門資格です。講座を受講すれば取得できる資格ですが、受講資格を満たしておかなければなりません。受講資格は医療系や介護系の資格を有していることです。医師や保健師などの医療資格を持っていれば受けることができます。介護系であれば介護福祉士、社会福祉士、ヘルパー2級であれば実務経験2年以上、初任者研修でも2年...

知的障害者福祉司は、元々公的な知的障害者更生相談所で知的障害者の相談援助を行うソーシャルワーカーに就く為に設けられた任用資格です。その為、実際にはソーシャルワーカーとして働かないのであれば効力を発揮しない資格です。しかし、現在では公的な施設以外の知的障害者更生相談所でソーシャルワーカーをする際に、一定の知識を持っていると認識される資格です。その為、知的障害者更生施設、障害者施設などで知的障害者福祉...

介護事務管理士は2000年にできた認定試験です。介護保険を利用する人が爆発的に増加してきている現在、介護事務の専門職として期待されている資格です。介護は介護保険を使いますので、請求やレセプトなどを管理しないといけませんので、専門知識が必要になります。ここでは介護事務管理士はどのような仕事内容なのか、また働ける場所や求人はどのようなものがあるのか解説していきます。

介護職員初任者研修は介護の基礎の資格として、ホームヘルパーが廃止されたと同時にできた資格です。これまで以上に介護の基礎を学べる資格として創設され、介護資格のキャリアアップにも役立ちます。現在の介護の資格としては介護職員初任者研修→介護実務者研修→介護福祉士というようなキャリアアップをする方が多いです。介護をしたことが無い方、介護を基礎から勉強をしたい人にはおすすめの資格ですね。ここでは介護職員初任...

作業療法士とは理学療法士、言語聴覚士と並ぶリハビリの専門職です。事故などで体が不自由になった人に対して、作業を通してリハビリを行う仕事をします。作業療法士はどのようにして取得できるのでしょうか。また、仕事内容、求人などはどのようなものがあるのか解説していきます。

福祉住環境コーディネーターは身体機能に障がいがある方に対して、安全で快適な住環境をアドバイスする資格です。1級から3級まであり、1級は建築士などが取得するような資格であり、非常に難易度が高いです。介護従事者であれば2級、3級を取得しておけば十分仕事に役立ちます。この資格を取得することによって高齢者の自宅環境を整えるアドバイスができますので、福祉用具販売員はもちろん、ケアマネージャー、訪問介護員、作...

理学療法士は体の機能に問題がある方に対して、運動、マッサージ・電気刺激・温熱などの物理的な治療を行うリハビリの専門資格です。作業療法士、言語聴覚士と並ぶリハビリの3大資格といわれています。理学療法士の仕事内容はどのようなものなのでしょうか。また、理学療法士が働ける場所、求人についてご紹介していきます。

高齢者は年を重ねていく内に徐々に食べることが難しくなってきます。高齢者にとって食べることは非常に大切なことですが、栄養失調になって様々な病気を引き起こしたり、食べることが喜びで無くなってしまうことがあります。そういった高齢者に対して介護職アドバイザーという資格が役立つのです。ここでは介護職アドバイザーの資格内容や、その仕事内容、求人情報についてご紹介していきます。

言語聴覚士はリハビリの専門職であり、理学療法士(PT)作業療法士(OT)と並ぶリハビリ資格です。言語聴覚士になるにはどのようにしたらいいのか、また、その仕事内容や求人情報はどのようなものがあるのか解説していきます。

あん摩マッサージ指圧師はあん摩や、マッサージや指圧などで体の体調を整えたり、病気などについて処置することができる国家資格です。あん摩マッサージ指圧師の資格の取得方法や仕事内容、求人情報などはどのようなものがあるのか解説していきます。