福祉住環境コーディネーターの資格と仕事・求人について解説

福祉住環境コーディネーターの資格と仕事・求人・将来性について

福祉住環境コーディネーターは身体機能に障がいがある方に対して、安全で快適な住環境をアドバイスする資格です。

 

1級から3級まであり、1級は建築士などが取得するような資格であり、非常に難易度が高いです。介護従事者であれば2級、3級を取得しておけば十分仕事に役立ちます。

 

この資格を取得することによって高齢者の自宅環境を整えるアドバイスができますので、福祉用具販売員はもちろん、ケアマネージャー、訪問介護員、作業療法士、理学療法士などには非常に役立つ資格になっています。

 

福祉住環境コーディネーターはどのような仕事内容なのか、また、求人などについてもご紹介していきます。

福祉住環境コーディネーターの取得方法

福祉住環境コーディネーターの受験資格は1級のみ規定があります。1級を受けるためには2級を取得しておかなければいけません。

 

2級3級については受験資格は設けられていませんので、基本的に誰でも受ける事が出来ます。

 

試験は年に2回あります。

 

1級の合格率は非常に低く3パーセント前後です。2級は50パーセント前後、3級は80パーセントの合格率です。

 

福祉住環境コーディネーターで学べること

福祉住環境コーディネーターでは住環境について学ぶ事が出来ます。例えば、手すりの取り付け位置。手すりは一見してみると適当な場所に付けられていると思われがちですが、適切な場所というものがあります。

 

その他は、浴槽の高さ、車いすの大きさ、間口の広さなど住宅、福祉用具について学ぶことができます。

 

福祉関係で働いている人には福祉用具などは馴染がありますが、住宅環境、図面などは馴染みが無いかと思いますので、一から学ぶ必要があります。

 

福祉住環境コーディネーターの求人

福祉住環境コーディネーター単独で求人をかけているところはほとんどありません。

 

福祉用具相談員に福祉住環境コーディネーターがあれば尚良しという求人が最も多いです。

 

福祉住環境コーディネーターをおすすめしたい職種

福祉用具相談員は福祉住環境コーディネーターの資格取得をおすすめします。

 

福祉用具を取扱う仕事ですので、福祉住環境コーディネーターの知識があれば住宅環境について様々なアドバイスができます。

 

また、ケアマネージャーからの依頼があった時もアドバイスをしてより良い福祉用具を提供することができます。そのようなことからケアマネージャーにもおすすめの資格です。

 

ケアマネージャーが判断して福祉用具の導入を決めたり、住宅改修を決めたりすることが多いですので、福祉用具、住宅環境の知識を持っている方が良いのです。

 

また、訪問介護、訪問看護、訪問リハビリテーションなど自宅に伺う仕事をしている人も、ケアマネージャー同様に住宅環境などについてアドバイスをすることができますので、取得はおすすめです。

 

福祉住環境コーディネーターの将来性について

高齢になり介護が必要な歳になる頃には住宅も随分老朽化が進んでいる場合が多いです。築40年、50年以上の住宅に住んでいる人も珍しくはありません。

 

そういった住宅ではバリアフリーなどを考慮していないことがほとんどですので、介護が必要になった時は生活に困ってしまう場合があります。

 

こういう問題は非常に多いので、その為福祉住環境コーディネーターを取得していると、勘に頼らない知識に裏付けされたアドバイスができます。

 

実際に、手すりが1本ついただけで転倒が無くなる人、段差が解消されるだけで外に1人で出かけられる人などがいます。高齢者の自立した安全な生活を提供するには、環境が大きく影響していますので、それを適切なものにすることによって自立した生活を送ることができます。

 

そういった面で考えると福祉住環境コーディネーターは将来的に非常に役立つ資格になるといえます。今後は在宅で生活する高齢者の数も増えてきますし、まだまだ施設の数も足りません。

 

特に在宅サービスで働く人にはおすすめの資格ですので、是非取得をしておきましょう。

 

試験は2級であれば半年ほどの勉強で十分取得できます。

 

介護専門の転職サイトを使ってみよう

福祉住環境コーディネーターの資格を生かした転職を希望している方は介護専門の転職サイトを利用してみましょう。

 

ハローワークや一般の求人サイトに比べて、介護求人の数・種類ともに豊富ですし、条件の良い非公開求人をたくさん持っているサービスもあります。

 

担当のコンサルタントが希望条件の施設探しから面接のセッティングまでサポートしてくれるので、働きながらでも転職活動をすることが可能です。

 

また、職場の雰囲気まで掴んで調査しているサービスもあるので、働きやすい環境を求めている方にもオススメですね。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください

 

人気の介護転職サイトはこちら

介護転職サイト

関連ページ

介護職の転職に有利な資格
介護職の転職に有利になるような様々な資格を紹介しています。
介護職のステップアップ
介護職の中には無資格で働くこともできる分野がありますが、はやり有資格者の方が仕事の幅が広がります。どのような資格を取得すればステップアップできるのか解説していきます。
介護支援専門員(ケアマネージャー)
介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
社会福祉主事の資格と仕事・求人について
社会福祉主事の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護福祉実務者研修の資格と仕事・求人について
介護福祉実務者研修の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護予防運動指導員の資格と仕事・求人について
介護予防運動指導員の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
知的障害者福祉司の資格と仕事、求人について
知的障害者福祉司の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護事務管理士の資格と仕事・求人について
介護事務管理士の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護職員初任者研修の資格と仕事・求人について
介護職員初任者研修の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
作業療法士の資格と仕事内容・求人
作業療法士の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況・良い求人を見つけるポイントについて解説しています。
理学療法士の資格と仕事内容・求人について
理学療法士の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や給料などの求人の状況・良い求人を見つけるポイントについて解説しています。
介護食アドバイザーの資格と仕事・求人について
介護食アドバイザーの資格の概要、介護食アドバイザーの受講者の傾向などを記載しています。また、介護食アドバイザーは栄養士と介護職の方が取得した場合の仕事内容や、介護食アドバイザーの就職傾向についてもご紹介しています。
言語聴覚士(ST)の資格と仕事・求人について
言語聴覚士の資格内容や取得方法、合格率などについて記載しています。言語聴覚士は需要も高く、今後も必要とされる場面が増加していきますので、気になる方がいればお勧めです。
あん摩マッサージ指圧師の資格と仕事・求人
あん摩マッサージ指圧師を取得する方法や仕事内容、求人傾向についてどのようになっているのか詳しく解説していきます。