介護予防運動指導員の資格と仕事・求人について解説

介護予防運動指導員の資格と仕事・求人について

介護予防運動指導員は、主に要支援者や高齢者に対して介護にならないような体つくり、運動を指導していく専門資格です。

 

講座を受講すれば取得できる資格ですが、受講資格を満たしておかなければなりません。

 

受講資格は医療系や介護系の資格を有していることです。

 

医師や保健師などの医療資格を持っていれば受けることができます。介護系であれば介護福祉士、社会福祉士、ヘルパー2級であれば実務経験2年以上、初任者研修でも2年以上の実務経験が必要となりますので、受ける前にしっかりと確認しておきましょう。

介護予防運動指導員の資格取得にかかる期間や費用

取得には決められた講習を受けなければなりませんが、科目としては12科目、時間では31.5時間の講習が必要になります。

 

これは介護系の資格でも比較的短い方ですので、1ヶ月から長くても3月もあれば取得することができます。

 

費用としては講習を行う機関によっても違いますが、5万円から10万円ぐらいが多いです。

 

介護予防運動指導員の資格取得で何が学べるのか

介護予防運動指導員では何が学べるのかといいますと、高齢者のトレーニング方法、転倒や失禁しない為にはどのようなトレーニングが必要なのかなども学ぶことができます。

 

また、栄養改善の知識と方法について、口腔機能向上について、認知症の予防、閉じこもりに対する改善方法なども学ぶ事が出来ます。

 

医療で働いている人も、介護で働いている人にも現場で直接役立つことが多いですので、リハビリに興味がある方は役立つ情報になります。

 

介護予防の概要や歴史、背景についても学ぶ事が出来ますので、近年の方向性などを理解するのにも役立つでしょう。

 

仕事内容について

介護予防運動指導員は元となる資格があって活用するものです。医師であれば診察時に運動のアドバイスをする、リハビリの資格を取得している方であれば現在の仕事にさらに活かす形で活用するなどといったものです。

 

介護系であれば高齢者と身近に関わる事が出来ますので、普段の介護に活かしたり、運動の際にアドバイスをしたりできます。

 

介護予防運動指導員はデイサービスでの活躍の場が増加してきている

介護予防運動指導員を取得して活用している人はデイサービスで働いている人が多いと言われています。

 

デイサービスでも様々な種類がありますが、介護予防運動指導員が活躍しているデイサービスは運動特化型のデイサービスが多いです。

 

要介護者よりも要支援者に重点を置いているデイサービスであり、運動のマシンがあったりジムのような機器を並べています。

 

そういったところでは、高齢者は運動を目的としていますので介護予防運動指導員の資格をフル活用していくことができます。

 

実際そういったところは大半が要支援の方が利用していますので、勉強したことが活かせる機会は多く、評価なども行いますので活用できます。

 

活躍の場は増加している

近年の高齢者の施策としては、介護にならないための予防に重点を置いています。要支援者はもちろんですが、要支援にもなっていない65歳以上の高齢者の方向けに地域で運動教室を開いたりしています。

 

以前までは地域のボランティアが行ったり、役所の看護師などが行っていましたが、近年では介護予防運動指導員を取得した人が講師として招かれていることもあります。

 

講師として伝えることで、地域の高齢者が元気になりますのでやりがいも感じられるでしょう。

 

今後もそのような流れは続いていきますので、介護予防運動指導員の活躍の場は広がっていくといえます。

 

介護予防運動指導員の求人について

この資格を持っている人をピンポイントで募集している求人はほとんどありませんが、就職には有利になります。

 

介護職の場合ですと、先ほども書いたようにリハビリ型のデイサービス以外にも、通常のデイサービスでも近年はリハビリが重視されていますので、就職は有利になります。

 

また、施設系であれば老人保健施設などであればリハビリを行う機会も多いです。

 

医療、介護系以外の場合は、高齢者が多いフィットネスジムなどの講師として時々求人が出されていることもあります。

 

介護専門の転職サイトを使ってみよう

 

介護予防運動指導員の資格を活かした転職を希望している方は介護専門の転職サイトを利用してみましょう。

 

ハローワークや一般の求人サイトに比べて、介護求人の数・種類ともに豊富ですし、条件の良い非公開求人をたくさん持っているサービスもあります。

 

担当のコンサルタントが希望条件の施設探しから面接のセッティングまでサポートしてくれるので、働きながらでも転職活動をすることが可能です。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください

 

人気の介護転職サイトはこちら

介護転職サイト

関連ページ

介護職の転職に有利な資格
介護職の転職に有利になるような様々な資格を紹介しています。
介護職のステップアップ
介護職の中には無資格で働くこともできる分野がありますが、はやり有資格者の方が仕事の幅が広がります。どのような資格を取得すればステップアップできるのか解説していきます。
介護支援専門員(ケアマネージャー)
介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
社会福祉主事の資格と仕事・求人について
社会福祉主事の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護福祉実務者研修の資格と仕事・求人について
介護福祉実務者研修の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
知的障害者福祉司の資格と仕事、求人について
知的障害者福祉司の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護事務管理士の資格と仕事・求人について
介護事務管理士の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護職員初任者研修の資格と仕事・求人について
介護職員初任者研修の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
作業療法士の資格と仕事内容・求人
作業療法士の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況・良い求人を見つけるポイントについて解説しています。
福祉住環境コーディネーターの資格と仕事・求人
福祉住環境コーディネーターの資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況・将来性について解説しています。
理学療法士の資格と仕事内容・求人について
理学療法士の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や給料などの求人の状況・良い求人を見つけるポイントについて解説しています。
介護食アドバイザーの資格と仕事・求人について
介護食アドバイザーの資格の概要、介護食アドバイザーの受講者の傾向などを記載しています。また、介護食アドバイザーは栄養士と介護職の方が取得した場合の仕事内容や、介護食アドバイザーの就職傾向についてもご紹介しています。
言語聴覚士(ST)の資格と仕事・求人について
言語聴覚士の資格内容や取得方法、合格率などについて記載しています。言語聴覚士は需要も高く、今後も必要とされる場面が増加していきますので、気になる方がいればお勧めです。
あん摩マッサージ指圧師の資格と仕事・求人
あん摩マッサージ指圧師を取得する方法や仕事内容、求人傾向についてどのようになっているのか詳しく解説していきます。