理学療法士の資格と仕事内容・求人について

理学療法士の資格と仕事内容・求人について

理学療法士は体の機能に問題がある方に対して、運動、マッサージ・電気刺激・温熱などの物理的な治療を行うリハビリの専門資格です。

 

作業療法士、言語聴覚士と並ぶリハビリの3大資格といわれています。

 

理学療法士の仕事内容はどのようなものなのでしょうか。また、理学療法士が働ける場所、求人についてご紹介していきます。

理学療法士になるには

理学療法士になるためには、専門学校や大学等で必須単位を取得した後、国家試験に受かることが条件となっています。最短でも3年間はかかります。

 

国家試験の合格率は85パーセント前後になっています。

 

理学療法士は身体機能の把握はもちろんですが、物理的な療法を行いますので、電気関係の知識、温熱の知識など様々な知識を幅広く学ぶ必要があります。

 

理学療法士の仕事内容

理学療法士の仕事内容として代表的なものはリハビリです。リハビリの中でもマッサージの割合が非常に多いです。

 

理学療法士のマッサージは体をほぐすだけではなく、体の動かす範囲(可動域)を広げる役割もあり、骨折などによって固まった筋肉などを効果的に施術していきます。

 

また、温熱や電気などでは専用の機械を使用します、こういったものも凝り固まった筋肉などをほぐしていきます。

 

よく理学療法士と作業療法士は混同して考えられがちですが、行う治療内容が違います。また、理学療法で凝り固まった筋肉をほぐす、体の機能を元に戻していってから、作業療法を行うという流れが多いです。

 

流れとしては、医師からの指示→理学療法による治療→作業療法による動作の獲得が流れとなっています。

 

理学療法士の仕事内容としては大切なこととしては、コミュニケーション能力です。患者さんとリハビリを通じて信頼された人間関係を構築していくと、それだけリハビリも効果的に行えるといわれていますし、スムーズなリハビリを実施していくためには適度なコミュニケーション能力は必須です。

 

また、他の専門職とも連携をとっていかないといけませんので、そういった部分でもコミュニケーション能力が大切になってきます。

 

医師や看護師、作業療法士、言語聴覚士、退院時には地域連携室などと連携をとります。しっかりと情報を伝える能力が必要になってきます。

 

理学療法士の働ける場所

理学療法士は病院をはじめとして、体の不自由な人がいるところで活躍できる仕事です。医療関係であればリハビリテーション病院、総合病院、整形外科などのクリニックなどで働くことができます。

 

障害者関係の施設でも働けますし、最近では高齢者分野でも非常に多くの作業療法士が活躍されています。

 

また、病院では様々なケースの患者さんがやってきますが、高齢者施設、障害者施設などではある程度同じ疾患を持っているケースが多いですので、知識を広げるという意味では病院がお勧めです。

 

近年は高齢化が進んできているので、高齢者関係の施設で働く理学療法士は非常に多いです。

 

理学療法士の給料・年収

理学療法士の初任給は23万円から27万円です。ボーナスなども考慮すると年収400万円から500万円前後になります。

 

また、理学療法士はパートでの時給が高く1800円から2000円前後になっていることが多いです。

 

働く場所によっても給与は変わってきます。基本的にリハビリテーション病院が一番給与が高い傾向にあります、次いで総合病院などになります。

 

また、整形外科でもスポーツ選手などを専門としているクリニックでは自費のサービスが多くなる傾向にありますので、給与は非常に高くなります。

 

高齢者施設、障害者施設は病院に比べると給与は下がってしまう傾向にあります。

 

理学療法士の求人

求人の数としては高齢者関係の求人が一番多いのが特徴的です。

 

これは病院で勤める理学療法士は勤続年数が長いので空きがなかなかでないのに比べ、高齢者関係は次々と新しい施設ができてきていますので求人は最も多いです。

 

特別養護老人ホームなどの老人ホームでの求人は少なく、デイサービスや訪問看護などの在宅サービス系の求人が多いことも特徴的です。

 

介護専門の転職サイトを使ってみよう

理学療法士の資格を生かした転職を希望している方は介護専門の転職サイトを利用してみましょう。

 

ハローワークや一般の求人サイトに比べて、介護求人の数・種類ともに豊富ですし、条件の良い非公開求人をたくさん持っているサービスもあります。

 

担当のコンサルタントが希望条件の施設探しから面接のセッティングまでサポートしてくれるので、働きながらでも転職活動をすることが可能です。

 

また、職場の雰囲気まで掴んで調査しているサービスもあるので、働きやすい環境を求めている方にもオススメですね。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください

 

人気の介護転職サイトはこちら

介護転職サイト

関連ページ

介護職の転職に有利な資格
介護職の転職に有利になるような様々な資格を紹介しています。
介護職のステップアップ
介護職の中には無資格で働くこともできる分野がありますが、はやり有資格者の方が仕事の幅が広がります。どのような資格を取得すればステップアップできるのか解説していきます。
介護支援専門員(ケアマネージャー)
介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
社会福祉主事の資格と仕事・求人について
社会福祉主事の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護福祉実務者研修の資格と仕事・求人について
介護福祉実務者研修の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護予防運動指導員の資格と仕事・求人について
介護予防運動指導員の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
知的障害者福祉司の資格と仕事、求人について
知的障害者福祉司の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護事務管理士の資格と仕事・求人について
介護事務管理士の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護職員初任者研修の資格と仕事・求人について
介護職員初任者研修の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
作業療法士の資格と仕事内容・求人
作業療法士の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況・良い求人を見つけるポイントについて解説しています。
福祉住環境コーディネーターの資格と仕事・求人
福祉住環境コーディネーターの資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況・将来性について解説しています。
介護食アドバイザーの資格と仕事・求人について
介護食アドバイザーの資格の概要、介護食アドバイザーの受講者の傾向などを記載しています。また、介護食アドバイザーは栄養士と介護職の方が取得した場合の仕事内容や、介護食アドバイザーの就職傾向についてもご紹介しています。
言語聴覚士(ST)の資格と仕事・求人について
言語聴覚士の資格内容や取得方法、合格率などについて記載しています。言語聴覚士は需要も高く、今後も必要とされる場面が増加していきますので、気になる方がいればお勧めです。
あん摩マッサージ指圧師の資格と仕事・求人
あん摩マッサージ指圧師を取得する方法や仕事内容、求人傾向についてどのようになっているのか詳しく解説していきます。