社会福祉主事の資格と仕事・求人について解説

社会福祉主事の資格と仕事・求人について

社会福祉主事とは元々社会福祉事務所などの職員に任用される際に用いられる資格であり、任用資格としてできました。

 

現在では社会福祉に精通している資格として認識されています。

 

社会福祉主事を取得するためにはどういった事をしていけば良いのでしょうか。

 

仕事内容、求人についてご紹介していきます。

社会福祉主事の資格を取得するためには

社会福祉主事の資格を取得するためには、主に4つのパターンがあります。

 

@大学で取得
大学で取得するためには、社会福祉に関する科目を3科目以上取得して卒業すれば取得できます。

 

社会福祉系の大学を卒業したほとんどの方が取得しています。

 

A通信で取得
通信教育では1年で取得することができます。

 

全社協中央福祉学院社会福祉主事資格認定通信課程、または、日本社会事業大学通信教育科を卒業すれば取得ができます。

 

B指定養成機関で取得
指定養成機関で22科目1500時間履修すれば取得できます。

 

C都道府県等講習会
都道府県で開催される講習会で、19科目、279時間履修すれば取得ができます。

 

主にこの4つのパターンで、?で取得する人が一番多く、大学に通っていない人はAのパターンで取得する人が多いです。

 

行政で働く人が社会福祉主事の資格が必要になった場合は?で取得する人が多いようです。

 

社会福祉主事が活躍している場所

行政で働く人は社会福祉主事を任用資格として活用されていますが、ここでは行政関係での仕事は省きます。

 

行政以外で社会福祉主事が活躍している場所として多いのは高齢者介護の施設です。

 

社会福祉主事を用いて相談員として活躍されているパターンが多いです。
介護施設の相談員、デイサービスの相談員、ショートステイの相談員など社会福祉主事を持っている人は多いです。

 

また、都道府県にもよりますが、生活相談員の要件として社会福祉主事以上という要件を作っているところもありますので、そういった所では、生活相談員は最低でも社会福祉主事となっています。

 

社会福祉主事の仕事内容

主な仕事内容としては、高齢者の相談、受付になります。

 

介護サービスであればどの事業所も施設もまずは生活相談員からの聞き取りや説明を受けます。きちんと利用者像を把握するのはもちろんですが、施設としての分かりやすい説明が求められます。

 

また、利用中に何かトラブルや要望があった際は窓口となって対応をしないといけません。対人援助技術が必要になってきます。

 

外部との連携も大切な仕事です。ケアマネージャからの依頼を受け付けたり、連絡、報告なども行います。

 

きちんと状況説明を行う能力、トラブルなどを対応できる対処能力が求められます。

 

社会福祉主事で大切なこと

社会福祉主事で働く上で大切なこととしては、その方の気持ちに寄り添って対応をするということです。

 

対人援助ではその気持ち、心構えが大切になってきます。

 

業務に慣れたからといって、相手の気持ちを無視した対応をしているといつかはトラブルになりますし、スムーズな業務を行うことができませんので注意しましょう。

 

社会福祉主事の求人

現在の傾向としては、生活相談員に社会福祉士を最低条件としている所が増えてきています。特に特養や老健などの生活相談員は社会福祉士が必須になっている場合も多々あります。

 

しかし、デイサービスやショートステイの在宅系の生活相談員は社会福祉主事でも可能な場合が多いですので、最初は在宅系のサービス、社会福祉士の資格を取得すれば施設の相談員といったような目的で働いている人も多いです。

 

給与としては20万円以下が平均的で、18万円、中には16万円で募集しているところもあります。

 

介護職員と違って、生活相談員は夜勤手当もありませんし、処遇改善費も支給されないことが特徴的です。

 

その為、介護職員よりも総額で見てみると低い場合があります。

 

しかし、相談員の仕事をしてみたい、経験してみたいと考える場合は経験を積むという意味でも給与が低くても相談員をしてみても良いでしょう。

 

介護専門の転職サイトを使ってみよう

 

社会福祉主事として転職を希望している方は介護専門の転職サイトを利用してみましょう。

 

ハローワークや一般の求人サイトに比べて、介護求人の数・種類ともに豊富ですし、条件の良い非公開求人をたくさん持っているサービスもあります。

 

担当のコンサルタントが希望条件の施設探しから面接のセッティングまでサポートしてくれるので、働きながらでも転職活動をすることが可能です。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください

 

人気の介護転職サイトはこちら

介護転職サイト

関連ページ

介護職の転職に有利な資格
介護職の転職に有利になるような様々な資格を紹介しています。
介護職のステップアップ
介護職の中には無資格で働くこともできる分野がありますが、はやり有資格者の方が仕事の幅が広がります。どのような資格を取得すればステップアップできるのか解説していきます。
介護支援専門員(ケアマネージャー)
介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護福祉実務者研修の資格と仕事・求人について
介護福祉実務者研修の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護予防運動指導員の資格と仕事・求人について
介護予防運動指導員の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
知的障害者福祉司の資格と仕事、求人について
知的障害者福祉司の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護事務管理士の資格と仕事・求人について
介護事務管理士の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護職員初任者研修の資格と仕事・求人について
介護職員初任者研修の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
作業療法士の資格と仕事内容・求人
作業療法士の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況・良い求人を見つけるポイントについて解説しています。
福祉住環境コーディネーターの資格と仕事・求人
福祉住環境コーディネーターの資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況・将来性について解説しています。
理学療法士の資格と仕事内容・求人について
理学療法士の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や給料などの求人の状況・良い求人を見つけるポイントについて解説しています。
介護食アドバイザーの資格と仕事・求人について
介護食アドバイザーの資格の概要、介護食アドバイザーの受講者の傾向などを記載しています。また、介護食アドバイザーは栄養士と介護職の方が取得した場合の仕事内容や、介護食アドバイザーの就職傾向についてもご紹介しています。
言語聴覚士(ST)の資格と仕事・求人について
言語聴覚士の資格内容や取得方法、合格率などについて記載しています。言語聴覚士は需要も高く、今後も必要とされる場面が増加していきますので、気になる方がいればお勧めです。
あん摩マッサージ指圧師の資格と仕事・求人
あん摩マッサージ指圧師を取得する方法や仕事内容、求人傾向についてどのようになっているのか詳しく解説していきます。