介護職員初任者研修の資格と仕事・求人について解説

介護職員初任者研修の資格と仕事・求人について

介護職員初任者研修は介護の基礎の資格として、ホームヘルパーが廃止されたと同時にできた資格です。

 

これまで以上に介護の基礎を学べる資格として創設され、介護資格のキャリアアップにも役立ちます。

 

現在の介護の資格としては介護職員初任者研修→介護実務者研修→介護福祉士というようなキャリアアップをする方が多いです。

 

介護をしたことが無い方、介護を基礎から勉強をしたい人にはおすすめの資格ですね。

 

ここでは介護職員初任者研修とはどのような資格なのか、また、介護職員初任者研修の仕事内容、求人はどのようなものがあるのか解説していきます。

介護職員初任者研修の取得方法について

介護職員初任者研修は厚生労働省が指定する授業を受けて単位を取得すれば、修了書をもらうことができます。受験資格等は特にありません。

 

早ければ1か月から2カ月、通常で3か月ほどの講座を受ける必要があります。需要のある資格ですので、各学校によって様々なコースがあり、働きながらでも取得することができます。

 

受講費用は学校によっても違いますが、おおよそ8万円前後が平均的な費用になります。

 

介護の基礎的な意味合いが大きい資格ですので、他の介護の資格よりも比較的簡単に取得することができます。

 

介護職員初任者研修の仕事内容について

介護職員初任者研修が行う仕事内容としては、主に要介護者の日常生活の支援になります。

 

日常生活とは排泄介助、入浴介助、食事介助などの基本的なものから、車いすへの移乗介助、歩行の見守り介助、付き添い介助などです。

 

基本的に高齢者の生活を支えるものですので、この他にも様々な介助があります。

 

また、高齢者とは何かを学ぶ資格でもありますので、高齢者の相談援助、精神的な支援も行っていきます。

 

働く場所によっても仕事内容は変化して、特別養護老人ホームなどの介護施設であれば身体介護が主な仕事になり、デイサービスなどではレクリエーション、訪問介護などでは家事援助が主な仕事内容になります(訪問介護では身体介護と家事援助の割合が7対3ぐらいが一般的です)

 

近年では高齢者の尊厳を守る介護が推進されていますので、そういった部分でも介護職員初任者研修は非常に役立つ資格になっています。

 

ちなみに、訪問介護でヘルパーを行うには必ず介護職員初任者研修が必要になります。介護施設などでは無資格でも働けますが、近年の傾向としては最低でも介護職員初任者研修は必要な資格になっています。

 

介護職員初任者研修が働ける場所について

介護を行う場所ですので、特別養護老人ホームの施設系、在宅サービス、病院、障がい者施設など様々な場所で働く事が出来ます。

 

注意したいこととしては、介護職員初任者研修では訪問介護のサービス提供責任者にはなることができませんので、サービス提供責任者を目指す方は、介護実務者研修を取得するようにしましょう。

 

介護職員初任者研修の求人について

介護職員初任者研修の求人は非常に多いです。様々な職種が載っている求人誌でも介護の求人が最も多い傾向にあるほどです。

 

その為、働く場所に困ることはほとんどないでしょう。しかし、仕事内容の割には賃金が安いのが問題となっています。

 

介護職員初任者研修では夜勤を含めても20万円いくかいかないかぐらいの月給です。その為手取りでは16万円前後が最も多く、年収にしますと250万円前後が多いです。

 

また、経験を積んでも給与がなかなか上がりにくいのが介護業界で、給与を上げたいと考えるのであれば介護福祉士などを取得することをおすすめします。

 

また、働く場所によっても差があります。特別養護老人ホームは上記の賃金ですが、有料老人ホームになれば場所によれば350万円前後の非常に高い賃金になっているところあります。

 

その分求められる知識やスキルは高いですが、給与を重視する人はそういったところで働くのも良いでしょう。

 

介護職員初任者研修は介護を一から学ぶ人にもおすすめできる資格ですので、まだ取得をしていない人は是非取得をおすすめします。

 

介護専門の転職サイトを使ってみよう

 

介護職員初任者研修の資格を生かした転職を希望している方は介護専門の転職サイトを利用してみましょう。

 

ハローワークや一般の求人サイトに比べて、介護求人の数・種類ともに豊富ですし、条件の良い非公開求人をたくさん持っているサービスもあります。

 

担当のコンサルタントが希望条件の施設探しから面接のセッティングまでサポートしてくれるので、働きながらでも転職活動をすることが可能です。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください

 

人気の介護転職サイトはこちら

介護転職サイト

関連ページ

介護職の転職に有利な資格
介護職の転職に有利になるような様々な資格を紹介しています。
介護職のステップアップ
介護職の中には無資格で働くこともできる分野がありますが、はやり有資格者の方が仕事の幅が広がります。どのような資格を取得すればステップアップできるのか解説していきます。
介護支援専門員(ケアマネージャー)
介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
社会福祉主事の資格と仕事・求人について
社会福祉主事の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護福祉実務者研修の資格と仕事・求人について
介護福祉実務者研修の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護予防運動指導員の資格と仕事・求人について
介護予防運動指導員の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
知的障害者福祉司の資格と仕事、求人について
知的障害者福祉司の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
介護事務管理士の資格と仕事・求人について
介護事務管理士の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況について解説しています。
作業療法士の資格と仕事内容・求人
作業療法士の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況・良い求人を見つけるポイントについて解説しています。
福祉住環境コーディネーターの資格と仕事・求人
福祉住環境コーディネーターの資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や求人の状況・将来性について解説しています。
理学療法士の資格と仕事内容・求人について
理学療法士の資格を取得するためにはどうすればいいのか?また資格取得後に実際に行う仕事の内容や給料などの求人の状況・良い求人を見つけるポイントについて解説しています。
介護食アドバイザーの資格と仕事・求人について
介護食アドバイザーの資格の概要、介護食アドバイザーの受講者の傾向などを記載しています。また、介護食アドバイザーは栄養士と介護職の方が取得した場合の仕事内容や、介護食アドバイザーの就職傾向についてもご紹介しています。
言語聴覚士(ST)の資格と仕事・求人について
言語聴覚士の資格内容や取得方法、合格率などについて記載しています。言語聴覚士は需要も高く、今後も必要とされる場面が増加していきますので、気になる方がいればお勧めです。
あん摩マッサージ指圧師の資格と仕事・求人
あん摩マッサージ指圧師を取得する方法や仕事内容、求人傾向についてどのようになっているのか詳しく解説していきます。