社会福祉士の役割や仕事内容について解説

社会福祉士の役割や仕事内容について

社会福祉士は介護福祉士と比べると、いまいち役割や仕事内容がハッキリと理解できていない人も多いのではないでしょうか。

 

名前は知っているが具体的に何をしているのかわからないと言った人もいるかと思います。

 

社会福祉士はいったいどういった役割でどのような仕事をしているのか解説していきます。

 

社会福祉士の役割について

社会福祉士は主に相談業務が役割になってきます。何らかのトラブルやハンデがあり生活をするのが困った人の相談を行って、様々な社会資源を活用してその人を支援していくことが主な役割となっています。

 

社会資源といっても一般の人はどこにどんなサービスがあるのか把握していないことがほとんどです、社会福祉士はそういったサービスなどを把握している必要があり、困ってる人を支援していきます。

 

国や行政が行っている福祉サービスなどのサービスはもちろんですが、地域の集まりを紹介したり、ボランティアを紹介したり、その活用する資源は非常に幅広くあります。

 

社会福祉士の役割として重要なのは、その人が何に困っているのか、困っていることに対して対策できるサービスや資源はどのようなものがあるのかということを明確に把握していくことが重要になってきています。

 

社会福祉士の仕事内容について

 

@老人ホームの場合
老人ホーム(特別養護老人ホーム、老人保健施設など)では生活相談員という役割があります。この役割には社会福祉士がなっていることが多いです。

 

仕事内容としては、主に入所される人の相談業務になります。
その人がどんな人で何が理由で老人ホームを希望しているのかという情報を把握して、それが老人ホームに入ることによって解決するのかということまで考えて対応していきます。

 

また、老人ホームを退所される場合もありますので、そういった場合は外部のサービスに繋げて退所をしても問題なく働けるように道を作っていく役割をします。

 

A行政の場合
行政で働く職員に社会福祉士の取得を推奨しているところもあります。

 

その活躍の場は生活保護課や母子家庭福祉課など福祉を取り扱う仕事全般になります。

 

市の職員になってから取得する人もいれば、社会福祉士を取得してから市の職員になる方もいます。社会福祉士は公務員になれる道も作れます。

 

B後見人
あまり知られていないのが、社会福祉士は後見人になれるということです。

 

後見人は身寄りのない人の財産を守ったり、その人に代わって契約書を結んだりすることが出来て、行政書士や弁護士がなれますが、社会福祉士もなることができます。

 

給与は出ませんが、報酬という形でいくらかの金額が支給されますので、それで生計を立てている方も多いです。

 

C病院の場合
大きな総合病院などには地域連携室という社会資源と病院を結ぶ役割があります。

 

入院患者の情報収集をしたり、退院患者を退院をしても生活をしていけるように社会資源と結びつけ退院後も問題なく生活を送れるように支援していきます。

 

D地域の集まり
地域の高齢者を集めて社会資源の説明などを行うのも社会福祉士の重要な役割になっています。行うところは主に行政や行政から委託された民間企業などですが、時々個人にも依頼がきます。

 

近年高齢化がどんどん進んでいますが、一人暮らしの高齢者などは困っているのにも関わらず、社会資源を知らない、活用の仕方を知らない人も多いといわれていますので、そういった方にどのようなサービスがあるのかの説明、必要であれば社会資源とつなげていく取り組みをしています。

 

まとめ

社会福祉士はできた当初はそこまで活躍の場は少なかったのですが、現在ではその重要性が高まってきており、活躍の場が増えたり、役割も多くなってきています。

 

特に母子家庭や高齢者非常に増えてきていますので、そういった方を対象とした役割が増えてきています。また、障がい者分野にもどんどん進出しているのも特徴的です。

 

また、高齢者支援施設に社会福祉士を置かないといけないなどの配置基準も増加傾向にあり、社会福祉士の活躍の場は非常に多くなってきています。

介護転職サイト

関連ページ

社会福祉士になるには?
社会福祉士の仕事内容や求人情報・給料・試験の傾向について解説しています。
社会福祉士の求人傾向や活躍できる場所
社会福祉士の求人は今どのようになっているのか?また社会福祉士が活躍できる職場は?給料など待遇面とともに解説していきます。
社会福祉士の給料・年収はいくらくらい?
社会福祉士の給料・年収は一体いくらくらいなのか?賃金が低い所と高い所の特徴や、社会福祉士からステップアップするための方法も教えます。