社会福祉士の求人傾向や給与・活躍できる場所にはどんな所があるのか?

社会福祉士の求人傾向や給与・活躍できる場所にはどんな所があるのか?

社会福祉士の求人の傾向はどのように変化していっているのでしょうか。

 

また、活躍できる場所のご紹介などもしていきます。

 

社会福祉士の求人傾向について

社会福祉士の近年の求人傾向としては以前よりも求人が増えてきているのが特徴的です。

 

社会福祉士はもともと業務独占の資格ではありませんので、社会福祉士でないといけないといった仕事はほとんどありません。その為、以前は社会福祉士を募集している求人は少なく、社会福祉主事をもっていれば良いという求人が多かったのです。

 

しかし、近年の傾向では社会福祉士を有する人を募集する求人が増加してきています。

 

これは、社会福祉士の専門性が認められたということであり、相談員は社会福祉士でないといけないという老人ホームも増えてきています。また、病院で働くメディカルソーシャルワーカーという立場の職員は社会福祉士が必須になっているところもあります。

 

その他には地域の高齢者を支援する地域包括支援センターでは社会福祉士の配置が義務付けられていますし、その専門性と役割は求人に現れています。

 

また、給与についても向上している傾向にあります。

 

社会福祉士は働く場所が非常に幅広くなってきますので、地域の支援センターや行政委託の相談センターなど公的な意味合いが強い職場で活躍している社会福祉士が増えてきています。

 

このようなところでは給与は公務員並みに高いところもあります。その他で働く社会福祉士でも給与は数年前に比べても上がってきており、ケアマネージャと同じぐらいの水準になってきています。

 

社会福祉士の求人の傾向として特徴的なものは社会福祉主事でも代用をしている求人が多いということです。

 

社会福祉主事以上と書かれている求人も多くみかけます、この求人では対象者が多くなりますので応募の数も多くなり、他の人と競うような形で面接を受けなければいけません。

 

しかし、社会福祉士と社会福祉主事では社会福祉士の方が社会福祉の専門職としては上級ですので社会福祉士を優先するところの方が多いです。

 

社会福祉士が活躍できる場所

社会福祉士が活躍できる場所としては、代表的なものとしては老人ホームなどの高齢者施設、障がい者施設、病院、行政の生活保護課などがあります。

 

また、社会福祉関係全般を取り扱う資格ですので、母子家庭や児童福祉などの機関でも就職することができます。

 

精神保健福祉士や介護福祉士ではある程度働く場所は決まっていますが、社会福祉士では非常にその幅は広く思わぬところで社会福祉士が活躍している場合もあります。

 

また、社会福祉士は後見人としても活躍をすることができます。本業を持っている人でも後見人として活躍されていますので、興味のある方は後見人をおすすめします。

 

公務員になれる社会福祉士

社会福祉士を取得している人の中には公務員の方もいます。公務員として働きながら社会福祉士を取得している人もいますし、反対に社会福祉士を取得してから公務員になる方もいます。

 

行政では毎年数名の社会福祉士を公務員として募集しており、元々老人ホームなどで働いていた社会福祉士の方が社会福祉士の公務員試験を受けて就職するパターンも増えてきています。注目すべきところは社会福祉士の公務員の募集は年々増加傾向にありますので、狭き門なのは間違いないですが、徐々に就職もできやすくなってきているのです。

 

社会福祉士はどうしても給与が低いのが問題になっており、介護福祉士などに比べると夜勤手当などがありませんので、比較してみると給料は低い傾向にあります。
その為、社会福祉士として一般企業並みに給与をもらうために公務員に応募する方もいます。

 

社会福祉士の求人は様々な媒体で行われている

社会福祉士は求人件数自体は介護福祉士などに比べると非常に少ないのが事実です。

 

特に広告の求人や求人誌などでは特にそれらの傾向があります。

 

しかし、社会福祉士などピックアップして表示してくれる求人サイトがあり、それは社会福祉士のみで検索でき、他の求人媒体に比べても求人数は多いです。

 

企業もサイトですので広告料も安く済んでお互いにメリットがあるのです。

介護転職サイト

関連ページ

社会福祉士になるには?
社会福祉士の仕事内容や求人情報・給料・試験の傾向について解説しています。
社会福祉士の給料・年収はいくらくらい?
社会福祉士の給料・年収は一体いくらくらいなのか?賃金が低い所と高い所の特徴や、社会福祉士からステップアップするための方法も教えます。
社会福祉士の役割や仕事内容について
社会福祉士の仕事内容や実際に活躍している場所、社会での役割・近年の傾向について説明しています。