社会福祉士の給料・年収はいくらくらい?賃金が高い施設についても解説

社会福祉士の給料・年収はいくらくらい?賃金が高い施設についても

社会福祉士を目指そう、社会福祉士として働いている方は、社会福祉士がどのような年収や給料を得ているのか気になっているかと思います。

 

実際社会福祉士はどれぐらいの年収、給与になっているのでしょうか。

 

社会福祉士の平均年収について

社会福祉士の平均年収はおおよそ270万円だといわれています。

 

これは他の職種に比べて低い水準にあります。

 

もちろん平均の年収ですのでこれ以下で働いている人もいますし、これ以上の高水準で働いてる人もいます。

 

社会福祉士の給料・年収は働く場所によって違ってくる

社会福祉士の働く場所は様々なところがありますが、行政で働く社会福祉士は高額な給与をもらっています。

 

公務員での給与となりますので、年収は年功序列で上がっていき同世代の社会福祉士よりも100万円以上高い年収を得ていることも珍しくはありません。

 

また、高い年収の場所としては病院があります。病院で働く社会福祉士は地域連携室という部署で働くことになりますが、一般的な社会福祉士よりも高額な年収を得ていることが多く、公務員よりも若干低い額になります。

 

最も低いとされているのが、障がい者分野で働く社会福祉士、高齢者分野で働く社会福祉士になります。平均月収が20万円、手取りでいうと15万円から16万円になり年収は250万円以下になります。

 

行政は公務員ですので給与は高く、病院も収入が多いですので職員に払う給与も高く設定されています。対して障がい者、高齢者では施設自体の収入がそれらに比べて低いですので、自然と職員に支払う給与も低くなってしまいます。

 

社会福祉士としてステップアップするためには

社会福祉士として年収をあげるためにはステップアップが必要になってきます。社会福祉士としてステップアップする道としては、大きく分けて2つに分かれます。

 

@社会福祉士としてステップアップする方法

 

A違う資格を取得して社会福祉関係で働く方法

 

@では、社会福祉士として働きつつ、違う関連資格を取得します。ケアマネージャーや介護福祉士がそれに当たります。

 

これらの資格は高齢者分野においては非常に強い資格ですので、それらを取得することによって資格手当てが支給されたりします。介護福祉士は実際に高齢者を介護をして社会福祉士として見えてくる部分もありますし、ケアマネージャーは介護保険にスムーズに繋げていく為に役に立つ資格になります。

 

Aでは社会福祉士の上級資格を目指すということです。

 

行政書士などがそれにあたります。特に後見人などをしている人は行政書士の重要性がわかると思いますが、行政書士と社会福祉士が後見人をした場合に、社会福祉士が困るのは書類の作成です。
これは主に財産を守るために行いますが、社会福祉士では公的な文章を作成することができません。それに比べて行政書士であれば公的に有効な文章を作成することができますので、より安全に対象者の資産などを守ることが出来ます。

 

社会福祉士として給与を上げるには

社会福祉士として給与を上げるには後見人になることがおすすめです。

 

後見人になれば報酬がいくらかでますが、平均して一人あたり月3万円から5万円、2人から3人ぐらい担当をしておけば月に10万円の収入になります。

 

もちろん働きながらですので、大変ですし外に出れる職種でないと働きながらは無理です。

 

また、休みの日でも活動しないといけないことが多いですので、自分の休みの日は後見人として働かないとけません。

 

しかし、社会福祉士の副業としてこれだけの報酬を得れるのは他にありませんのでお勧めです。

 

後見人として働いている人はあくまでも報酬という形ですので、税金はかかってきませんし、会社にも言わなければ知られることはありません(言う言わないは個人の自由ですが)。

 

後見人として社会福祉協議会などに登録をしておけば紹介がありますし、民間の後見人紹介サイトなどに登録をしておくこともお勧めします。

 

ある程度の知識は必要になってきますが、得れる知識は社会福祉士では必要な知識になっていますので、時間に余裕のある方や、収入を上げたい方には非常におすすめです。

介護転職サイト

関連ページ

社会福祉士になるには?
社会福祉士の仕事内容や求人情報・給料・試験の傾向について解説しています。
社会福祉士の求人傾向や活躍できる場所
社会福祉士の求人は今どのようになっているのか?また社会福祉士が活躍できる職場は?給料など待遇面とともに解説していきます。
社会福祉士の役割や仕事内容について
社会福祉士の仕事内容や実際に活躍している場所、社会での役割・近年の傾向について説明しています。