40代で介護職へ転職する際の傾向や求人探しで考えるべきポイント

40代で介護職へ転職する際の傾向や求人探しで考えるべきポイント

介護職で40代は、役職が付きデスクワークが多くなる時期となります。

 

そのため、40代で転職をする場合には、30代までとは違うメリットやデメリットがあります。

 

しかし、40代だからこそ求められるものもあり、できることもありますので、年齢を理由に転職をあきらめるのではなく、自信を持って転職することも重要になります。

 

40代介護職への転職の傾向や、求人探しで考えるべきポイントについて、ご紹介いたします。

 

介護職の身体能力について

40代となると、徐々に身体能力が衰え、昔のように動けなくなる人も少なくありません。

 

そのため、転職理由として、「夜勤ができないまたはしたくない」と言う人が多いのが、傾向としてあります。そのため、夜勤のない施設先の転職を考え、訪問介護やデイサーヒスを希望する人が多いのが現状です。

 

また、役職が付く40代といっても、その職場に役職者は規模によりますが、1〜4人程度であり、残りの40代は若い現役世代と同様に、フルで夜勤等の不規則勤務をして、利用者と関わり働くことになります。

 

排泄介助や食事介助、入浴介助のように、身体の全身を使ってケアを行わなければならなく、腰の痛みなど身体の不調を訴える介護者も少なくありません。

 

そのため、できる限り身体介助が少ない施設に、転職を希望する人が多いのも傾向の一つとなります。

 

40代はパート採用が多い

40代で介護職への転職を考えた時、パートタイムでの募集が多く、正職員での募集が激減してしまいます。

 

前職で管理職までいた場合や、誰かの紹介の場合は正職員での入職が可能となることもありますが、介護職自体がパートタイムでの募集が多いため、初めから正職員での転職は難しいと考えておいたほうが良いのが現状です。

 

雇用形態としては、良くても準職員という形で、一年働けば正職員になれる可能性があるなどと掲げている施設が少なくありません。

 

また、40代の場合一般企業においては即戦力となりますが、介護の現場においては体力の消耗や年齢に伴い、即戦力となりづらいのも現状です。

 

さらに今までの経験があるからこそ、転職先での対応が難しく、不規則な時間に付け加え、重労働でありなおかつ、低収入と言うこともあり、40代での転職はとても厳しい現実であるのも現状としてあります。

 

そのため、正職員での求人のみを探すのではなく、パートタイムでの求人も視野に入れ、正職員登録制度を利用し正職員になれるよう勤めることを考えることも、重要なことの一つとなります。

 

人から人への紹介で正職員へ

40代となると、なかなか正職員で介護職になることが難しいため、知り合いから紹介してもらい就職することも考えるポイントの一つとなります。

 

また、その知り合いから正職員での募集等を確認し、双方の意見が一致すれば正職員で就職できる可能性があります。求人広告では、パートタイムのみの募集となっていることが多く、知り合いの紹介となると正職員に初めからなれることも少なくありません。

 

そのため、今まで働いてきた職場内での情報交換や、また退職後も密に連絡を取り合うことで正職員として新たに働く介護職を探すことができるようになります。

 

また、ヘッドハンティングとまではいかなくても、今まで役職がついて働いてきた場合には、新規事業立ち上げなどの際に、新たな管理職としても募集をしていることも多く、今までの経験を生かせる職場と出会うことが可能となります。

 

いつどのタイミングで転機が訪れるかわからないため、転職を希望している場合には周囲に転職先があったら紹介してほしいことを、伝えておくことも重要なポイントとなります。

 

40代では、年齢と共に徐々に体力の減退という物もあり、正職員での転職が厳しいのが現実としてあります。

 

しかし、40代だからこそ今までの経験を活かした職場という物もあるため、あきらめず今までの経験を生かせる職場を探していくことも重要となります。

 

また、人生経験を積んできたからこそ、若い人とは違う人と人とのつながりなどを大切にし、正職員にこだわらず転職をあきらめないことも、重要なポイントとなります。

介護転職サイト

関連ページ

40代で介護職へ転職する場合の面接のポイントを解説
40代で介護職への転職を希望する場合、面接はどのようにすればいいのか?そのポイントや面接の際に確認しておくべき点などについて解説しています。
介護職へ転職する場合の履歴書の書き方について解説
40代で介護職へ転職する場合、履歴書はどのように書けばいいのか?採用につながる履歴書の書き方のコツや絶対におさせておくべきポイント について解説していきます。