介護職へ転職する場合の履歴書の書き方について解説

介護職へ転職する場合の履歴書の書き方について解説

40代は、今まで様々な経験をしてきており、さらに失敗も繰り返して来ている人も少なくありません。

 

しかし、履歴書にはできる限り自分を良く見せるために、良い事ばかりを記載してしまう事も多くあります。

 

履歴書は、自身にとってもプライドの一つと言っても過言ではありませんが、失敗してきたこともその人にとっては大切な経験の一つであり、転職先に伝える必要がある、重要なカギがあることも少なくありません。

 

40代での介護職への転職における、履歴書の書き方やポイントについて、ご紹介いたします。

 

自己PRでは、できたことだけではなく、できなかったことも

自己PRを書く際に、「こんなことができます」「こんなことをやってきました」と、できたことのみを記載してしまいがちですが、そうではなく「こうしてきましたが、こういうことができず今後はこうしていきたいです」などと、自分自身を振り返り今後の目標を立てた自己PRを記載することが、重要なポイントとなります。

 

できれば、自分の汚点を記載したくないと思う人が多い中、あえて自分自身ができなかったことを記載し、それを今後の目標とともに記載することで、転職先には好印象を持たれることが少なくありません。

 

転職先の介護施設にとって、40代となると扱いづらいと思われても致し方がない年代であり、これから先の即戦力としても考えづらい部分もあります。だからこそ、あえて自身のできなかったことを伝え、今後の目標を記載することがポイントとなります。

 

勤務体系については、考慮願いたい部分を適切に

体力や持病に伴い、夜勤を考慮してもらいたいことも少なくありません。しかし、履歴書にそのまま「夜勤はできません」と記載してしまうと、その時点で不採用となってしまう事も少なくありません。

 

そのため、もし持病のため夜勤を免除してもらいたいのであれば、「病気があり、夜勤ができませんが、早番や遅番はできます」や、体力的に問題があるのであれば、「夜勤については、体力的に不安があるため、要相談させていただきたいです。」などと、記載することをお勧めします。

 

履歴書は、転職先がそれをみて面接を受ける前に人物像を想像するため、初めから否定的な文章を見てしまうと、先入観を与えてしまう可能性があります。そのため、「できない」のではなく、「これは難しいけど、これはがんばります」などと、頑張る意欲をアピールすることが重要なポイントとなります。

 

経歴は、わかりやすく詳細を記載

経歴の記載方法は、どの年代でも同じですが、詳細をわかりやすく記載することが重要となります。また、経歴を偽ると犯罪となるため、嘘の経歴は記載してはいけません。また、経歴に記載するのは、就職してから現在までの状況をすべて記載することになります。

 

そのため、今までの経歴を省くことなく記載することが重要です。

 

40代となると、女性の場合は子育てのために休職したことがある人も、少なくありません。その際には、その期間働いていないことになりますが、面接においてもし聞かれた際には「子育てのため、休職していました」という事を、素直に伝えれば良いことであるため、空白の年があったとしても、そこまで気にする必要はありません。

 

また、働いていた期間に役職についていたのであれば、「どこの施設の、どの科で、何の役職をしていたのか」という事も、きちんと書くことが重要となります。

 

40代での転職の際、履歴書を書くことはそう難しいことではないのかもしれませんが、しかし、過大評価をしてしまいがちであるため記載する際には、気を付けることが重要となります。

 

また、自身の過大評価を恐れるがために、虚偽の履歴書となってしまっても困るため、一度記載し自身で読み直してみることも重要です。

 

自分自身を振り返り、自身を理解し自己開示することが、40代では特に求められることであり、自身の成長のためにもとても重要なこととなります。

 

そのため、現実を謙虚に受け止め、自己理解をすることがポイントとなります。

介護転職サイト

関連ページ

40代で介護職へ転職する場合の面接のポイントを解説
40代で介護職への転職を希望する場合、面接はどのようにすればいいのか?そのポイントや面接の際に確認しておくべき点などについて解説しています。
40代で介護職へ転職する際の傾向や求人探しで考えるべきポイント
40代の介護職員が転職する主な理由はどこにあるのか?また、転職活動の際に求人探しで絶対に確認しておかなければいけないポイントについても解説しています。