介護職の面接

介護職の面接で転職理由はどう説明すればいいのか?

介護転職サイト

介護職でも新しい職場に転職する際に面接がありますが、面接の場では必ず転職理由を聞かれます。

 

また、履歴書にも転職理由は記載しなければいけません。

 

自分の思うところに転職するためには、どのような転職理由が面接する側にとって好印象なのか、転職理由のポイントについてご紹介していきます。

 

面接で落ちやすくなる介護職の転職理由

転職理由は人それぞれの理由があるかと思いますが、面接で落ちやすくなる転職理由、NGな理由があります。

 

落ちやすくなる理由としては、以前の職場を批判するような内容です。

 

「上司と衝突して辞めました」「給与が安い」「休みが少ない」「残業代が出ない」などの理由は相手に悪い印象を与えてしまいます。

 

面接官は介護の職場でも管理職的な立場の方が多いですので、自分の職場でも不満があればすぐに辞めてしまうのではないか、上司として指導しにくい方なのでは、などと言ったマイナスなイメージが付きやすいのです。

 

その為、この人は辞めておこうと結果が出やすくなってしまいます。

 

もちろん本当のことを伝えるのは大切ですが、どちらにしても批判的な理由は辞めておきましょう。

 

向上心を持っている事をアピールする

介護職の転職理由で大切な事は、なぜ辞めるに至ったのか、今度はどのようなビジョンを考えているのかをはっきり示すことです。

 

例えば特養で勤めていた人が、老健に行く場合は「特養では仕事も覚えて新人指導などもしていましたが、自分には医療ニーズの高い利用者に対しての知識が少ないと思い、老健で一から勉強しようと考えています」といったように、向上心が見えるような転職理由にすることをお勧めします。

 

特養への転職理由としては「基本的な介護の部分を学びたい」「最後の住処としての役割を学びたい」

 

老健への転職理由としては「医療的なニーズの高い人の対応を学びたい」「病院と自宅の間を取り持つ役割を学びたい」

 

在宅サービスへの転職理由としては「訪問介護について勉強がしたい」「在宅の介護保険について学びたい」などといったように「前の職場が○○だから辞めました」ではなく、「○○を学びたいから、○○がしたいから転職がしたいです」といったような転職理由は前向きで良いです。

 

相手の気持ちを考える

ここでいう相手とは面接官のこと、面接を受ける施設・会社のことです。

 

自分の気持ちを伝えるのはもちろん大切なことですが、相手のことを考えて、転職理由を考えることも転職がスムーズに行く転職のポイントです。

 

例えば「御社が実施している○○という取り組みに惹かれました」「規模が大きいので最後まで安心して働けると思い」などと相手を敬う気持ちを見せることも大切になってきます。

 

特に施設が一番力を入れているところを言うと印象は良いです。

 

「利用者に対しての理念が素晴らしい」などと抽象的なものではなく実際に取り組まれている排泄介助について、入浴介助についてなど具体的な取り組みを挙げるとより一層相手の心に響きます。

 

その為にはまず自分が行きたいと思っている所をリサーチすることが大切になってきます。施設や会社のホームページから調べても良いですし、評判サイトなどもありますので、そういったところから調べても良いですね。

 

一番力を入れている部分が出るのはブログです。もし、その施設や会社がブログをしているのであれば、ブログは必ずチェックしましょう。

 

何に力を入れているのかはっきりと分かる事も多いですし、施設や会社のブログを書いている人が面接を担当している場合が非常に多いです。

 

まとめ

介護職に就いている人が転職をする際には、今現在働いている施設の嫌な部分が見えて辞めるということが大半かと思います。

 

しかし、転職理由にそのようなことを書いても転職先の面接官には良い印象は与えられないのが事実です。

 

以前働いている所の不満や愚痴を相手に伝えるのではなく、自分が転職先で何をしたいのか、何ができるのかを転職理由として相手に伝えるようにしましょう。

 

稀に転職理由を聞かないところもありますので、そういった場合は相手に合わせて無理に言う必要はありません。


介護転職サイト

関連ページ

介護職転職の面接について
介護職への転職で面接を受ける際に、印象がよく見えるようにするためのポイントや、事前準備・注意点や服装について解説しています。