介護長の仕事内容と給料・求人について解説

介護長の仕事内容と給料・求人について

介護施設では、介護職、看護職、リハビリ職、栄養職など様々な職種が働いています。

 

それぞれの職種を束ねる長と呼ばれる管理職が統括していますが、介護を統括している介護長はどのような仕事をしているのでしょうか?

 

また、介護長の給与や求人情報はどのようなものがあるのか解説していきます。

介護長は介護職に関する仕事全てにかかわる

介護長は介護職員を束ねるような立ち位置になります。そのため、介護職員の仕事に関して方針を打ち出したり、管理的な仕事をします。

 

また、介護リーダーなどにも指示を出したり、介護リーダーから報告を受けて答えたりすることも大切な仕事です。

 

他の職種との連携も非常に大切なことになります。他の職種にもそれぞれ長がいますので、看護師長や事務長などとも連携をとって仕事をしていきます。

 

利用者や家族に対しても、介護職員を代表して対応を行いますので、対応の仕方にも気をつけないといけません。

 

平の介護職員が言う言葉と、介護長が言う言葉では言葉の責任が違いますので注意が必要です。

 

介護職員の教育を行う

介護長は利用者への介護が適切にできるように、介護職としての責務を他の職員に伝えることが必要になります。

 

そのため、新人研修を行ったりすることはもちろんですが、多くの施設では面接から介護職員の対応をすることがあります。

 

職員への教育自体はリーダーなどが行いますが、そのリーダーなどに対して、教育方針を打ち出したり、そのチェックも行うことがあります。

 

人を動かす力が介護長には必要になってくるのです。

 

介護施設の法令順守ができているか確認

介護長は管理的な仕事だけではありません。介護施設は介護保険で動いている施設ですので、決められたことをしているのか、法律違反をしていないのかなどといったような法令順守ができているのか確認をしていく必要があります。

 

条例違反などがあれば、お金を返す(返還)があることもありますし、場合によっては施設の存続にかかわってしまいますので、十分な注意が必要です。

 

介護長の給与

介護長の給与は介護職の中では最も高いものとなります。しかし、場所によっては大きく差があり、良いところでは30万円の月収で年収は450万円~500万円前後もらえることがありますが、ほとんどのところではそこまで高くなく、26~28万円ぐらいの月収が多いようです。

 

しかし、通常の介護職員と比べると非常に高いですので、介護長を目指して働いている方もいます。

 

通常介護長になるには、一般介護職員→介護サブリーダー→介護リーダーと段階を踏んでいくことがほとんどであり、生え抜きの職員であれば10年から15年以上は働かないと難しいかと思われます。

 

しかし、実力が伴っていればそのような段階や、経験年数を踏まなくても介護長になれる可能性が高いのです。

 

介護長の求人について

介護長の求人はほとんどありません。施設としてはいきなり介護職のトップに置くのは不安があるからだと言われています。

 

そのため、介護長候補として求人を出して、業務態度を見ながら後々は介護長にあげていくというやり方をとっているところがほとんどです。

 

また、介護長として募集しているところは、募集要件が厳しいところが多いです。

 

経験は10年以上、介護福祉士取得者、管理経験3年以上などといったように、介護長として即戦力で働けるような人材を募集しています。

 

介護長として募集があるのは、そのほとんとが新設の施設です。既存の施設では介護リーダーなどから介護長になることが一般的ですので、新設の施設であれば介護長として就職できる可能性があります。

 

介護長はその立場から20代よりも30代、30代よりも40代ぐらいの方が面接に受かりやすい傾向にあります。

 

 

介護専門の転職サイトを使ってみよう
介護長を目指して転職を希望している方は介護専門の転職サイトを利用してみましょう。

 

ハローワークや一般の求人サイトに比べて、介護求人の数・種類ともに豊富ですし、条件の良い非公開求人をたくさん持っているサービスもあります。

 

もちろん、いきなり介護長としての転職は難しい場合が多いですが、介護長候補としての求人なら十分に見つけることができます。

 

担当のコンサルタントが希望条件の施設探しから面接のセッティングまで丁寧にサポートしてくれるので、働きながらでも転職活動をすることが可能です。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください

 

人気の介護転職サイトはこちら

介護転職サイト

関連ページ

介護職 サブリーダーの仕事内容と給料・求人
サブリーダーの仕事は現場とリーダーをつなぐ仕事、調整する仕事です。仕事としては多忙になりがちで、役職手当もそこまで高くありませんが、将来的にリーダーになれる位置ですので頑張って働いている方もいます。求人も比較的多いですが、募集要件は確認してから応募するようにしましょう。
介護リーダーの仕事内容と給与・求人について
介護リーダーの仕事は職員の管理や、介護の方針を決めていったり、そのフロアの職員の代表者として働く必要があります。給与もその分高いですが業務も多忙であることが多いです。求人の数は少ないですので、求人を見つければ早めに応募をするようにしましょう。
介護施設長の仕事内容と給料・求人について
施設長は介護施設の中でもトップに位置する責任者です。責任者として介護施設が適切に運営できるように、経理面や人材面、労務管理などを調整していく必要があります。 給与は700万円前後が一般的ですが、法人によって大きく給料の差があるので注意しましょう。求人はなかなか見つけにくい部分があるかと思いますので、見つければ早めに応募することをお勧めします。
生活相談員の仕事内容と給料・求人について
生活相談員は施設の顔として、利用者対応や家族の対応などを行って、契約などの事務的な作業も行います。給与としては介護福祉士よりも低い傾向にありますが、宿直を行うことによって同等かそれ以上になります。施設での生活相談員の募集は少ないのですが、デイサービスや病院での生活相談員の募集は比較的多いです。
機能訓練指導員の仕事内容と給料・求人について
機能訓練指導員の仕事内容としてはリハビリが主になって、持っている資格によってその仕事内容は若干変化してきます。給与としては施設で働く場合は少ないですが、介護職や生活相談員よりも高いです。求人はなかなか空きの出ない職種ですので、在宅サービスにも目を向けてみると良いでしょう。