介護リーダーの仕事内容と給与・求人について解説

介護リーダーの仕事内容と給与・求人について

施設介護は対応フロアによって数人の介護職が担当しており、その中には平の介護職、サブリーダーや介護リーダーがいます。

 

介護リーダーはその担当フロアのリーダーであり、非常に重要な役割をしていますが、その仕事内容とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

また、給与や求人情報などについてもご紹介していきます。

介護リーダーの仕事内容について

介護リーダーは管理職的な立ち位置で仕事を行います。場所によっては現場仕事も行いますが、介護リーダーはほとんど現場仕事をしないところもあります。

 

場所によって介護リーダーの仕事内容が違うという事を理解しておきましょう。

 

現場仕事も行う介護リーダーの場合は、実際に高齢者に介護を提供しつつ、高齢者の声を職員を代表して聴いたり、家族の対応を行うこともあります。

 

また、介護の行い方を他の介護職員に伝えることも大事な仕事になっています。

 

介護リーダーの管理職的な立ち位置というのは、シフトを作成したり、介護職員それぞれの役割を決めたりする仕事が主になります。

 

介護職といっても様々な役割があります。ある人は環境整備、ある人は物品管理の役割などと決めている場合がありますので、しっかりと仕事が回るようにそれぞれの役割を割り振る事も大切です。

 

また、介護リーダーの多くは幹部会議(名称はそれぞれの施設で違います)に参加して、施設としての介護方針を話し合ったりします。その会議で話し合ったことを現場の職員に伝えること、実施方法を皆に伝えることを行います。

 

介護リーダの給与について

介護リーダーになりますと、役職手当が付きますし、場所によっては基本給や、ボーナスがつくこともあります。また、その金額はサブリーダーよりも高く、2万円から3万円前後になることが多いようです。

 

しかし、その給与と業務が合っていないという介護リーダーの方も多く、介護リーダーは非常に激務であるにも関わらず、2万円から3万円しか給与が上がらないのは、割に合わないという意見を持っている方もたくさんいます。

 

その為、介護リーダーにならないかと声をかけられても現状を知ると辞退する方も多いです。

 

しかし、介護リーダーになるということは幹部候補になるということであり、その後の介護長や施設長などに近づくという事になります。

 

将来を見越して介護リーダーになる方もいますので、一概に介護リーダーが給与が安くて、業務も多忙だけだということはありません。

 

それぞれの受け取り方によって違いがあります。

 

介護リーダーの求人情報について

介護リーダーの求人は数は少ないのですが、稀に見受けられます。特に新設の施設の場合などは、介護リーダーを積極的に採用する傾向にあります。

 

これは経験のある職員をリーダーに置いて、施設の介護を整えてくれる人が最初から居てくれた方が運営がスムーズにいくからです。

 

しかし、介護リーダーは基本的には生え抜きの職員が務めることが多いですので、平の介護職員などに比べると圧倒的に求人の数は少ないです。また、介護リーダーは他の介護職に比べても給与が高いですので、求人を募集するとそれだけ人が集まりやすく、すぐに求人が一杯になってしまうことが多く競争率が高いです。

 

もし介護リーダーで転職がしたい、就職がしたいと考える場合は早めの行動をとるようにしましょう。

 

介護リーダーで転職をするポイントとしては、応募条件をよく確認する事です。

 

介護リーダーであれば、ほとんどが介護経験○○年以上、介護の管理職経験ありなどといったように条件を提示しているところがありますので、それに当てはまる場合のみ応募をするようにしましょう。

 

また、面接時等は管理的な部分の質問もあるかと思いますので、そういった事を聞かれることを前提に答えを考えておく事が大切になります。

 

介護専門の転職サイトを使ってみよう

介護リーダーとしての転職・就職を考えている人は介護専門の転職サイトを利用してみましょう。

 

ハローワークや一般の求人サイトに比べて、介護求人の数・種類ともに豊富ですし、条件の良い非公開求人をたくさん持っているサービスもあります。

 

また、担当のコンサルタントが求人探しから面接まで丁寧にサポートしてくれるので、希望の条件に合った転職先を見つけやすいというメリットがあります。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください

 

人気の介護転職サイトはこちら

介護転職サイト

関連ページ

介護職 サブリーダーの仕事内容と給料・求人
サブリーダーの仕事は現場とリーダーをつなぐ仕事、調整する仕事です。仕事としては多忙になりがちで、役職手当もそこまで高くありませんが、将来的にリーダーになれる位置ですので頑張って働いている方もいます。求人も比較的多いですが、募集要件は確認してから応募するようにしましょう。
介護長の仕事内容と給料・求人について
介護長は介護職の代表として様々な管理、統括業務を行います。また、法令順守ができているのかチェックすることも大切な仕事です。 給料は介護職の中ではもっとも高くなり、通常の介護職に比べても非常に高い給料を得ることができます。求人は新設の施設ではあるかと思いますが、既存の場合は生え抜きの職員がなることがほとんどですので求人が少ない傾向にあります。
介護施設長の仕事内容と給料・求人について
施設長は介護施設の中でもトップに位置する責任者です。責任者として介護施設が適切に運営できるように、経理面や人材面、労務管理などを調整していく必要があります。 給与は700万円前後が一般的ですが、法人によって大きく給料の差があるので注意しましょう。求人はなかなか見つけにくい部分があるかと思いますので、見つければ早めに応募することをお勧めします。
生活相談員の仕事内容と給料・求人について
生活相談員は施設の顔として、利用者対応や家族の対応などを行って、契約などの事務的な作業も行います。給与としては介護福祉士よりも低い傾向にありますが、宿直を行うことによって同等かそれ以上になります。施設での生活相談員の募集は少ないのですが、デイサービスや病院での生活相談員の募集は比較的多いです。
機能訓練指導員の仕事内容と給料・求人について
機能訓練指導員の仕事内容としてはリハビリが主になって、持っている資格によってその仕事内容は若干変化してきます。給与としては施設で働く場合は少ないですが、介護職や生活相談員よりも高いです。求人はなかなか空きの出ない職種ですので、在宅サービスにも目を向けてみると良いでしょう。