生活相談員の仕事内容と給料・求人について解説

生活相談員の仕事内容と給料・求人について

生活相談員はその名の通り、施設の利用者やその家族と生活の相談を行なう職種です。

 

介護施設では配置をしないといけない決まりがあり、施設につき1名以上の生活相談員が働いています。

 

生活相談員の仕事内容や、給与、求人情報はどのようなものになっているのか解説していきます。

生活相談員の仕事内容は幅広い

主な業務は利用者やその家族に対する生活相談ですが、それだけしている生活相談員はほとんどいません。生活相談+αで仕事をしています。

 

例えば利用契約なども生活相談員が利用者や家族と結んでいることがほとんどです。その為、ある程度の社会的なマナーも必須になって来ます。

 

それと関連して、施設見学の案内や、利用についての説明なども生活相談員が行う事になります。

 

また、多くの施設では家族とのやりとりは生活相談員が行っていることがほとんどであり、一般の介護職員が直接家族に電話をしてやりとりをすることはあまり見受けられません。

 

多くが生活相談員が窓口になって家族と連絡を取り合います。

 

介護職員と家族を繋ぐ役割も行います。介護職員からの要望を伝えたり、家族からの要望を介護職員やその他関連する職種に伝えます。

 

生活相談員になる為には

生活相談員になる為に、必ず必要な資格はありません。

 

しかし、多くの介護施設では福祉関係の資格を持っている方を優先する傾向にあり、最低でも社会福祉主事か、社会福祉士の資格を取得している方が採用において有利になります。

 

稀に介護福祉士が生活相談員をしている施設もありますが、それは施設の基準によって違います。

 

また、今後の傾向としては生活相談員=社会福祉士と決められているところも増えてきていますので、生活相談員を目指している方は是非社会福祉士の資格取得を目指しましょう。

 

生活相談員の給料について

生活相談員の給料は一般的に介護福祉士よりも低くなる傾向にあります。これは生活相談員は夜勤が無いからだと言われています。

 

介護職であれば夜勤がありますので、仮に夜勤手当が1回5000円・月5回だとして、月に25000円ほどの夜勤手当が付くことになります。

 

介護福祉士と生活相談員の基本給は生活相談員の方が数千円から1万円ほど高い所がほとんどですので、夜勤手当分を考えると介護福祉士の方が給与が高くなります。

 

そのため給与としては、20万円前後になる場合が多いですね。手取りで20万円ある生活相談員はなかなかいないといえます。

 

もし給料をもう少し欲しいと考える場合は、宿直がある施設をお勧めします。宿直があるということは夜間帯施設で寝泊まりしないといけませんが、その分宿直手当てがつきますので給与が高くなる傾向にあります。

 

宿直は施設によって宿直専門のスタッフがいたり、宿直手当も違いますので事前に確認しておくことが大切ですね。

 

生活相談員の求人について

生活相談員は介護職と比べると施設での配置人数は1名ですので、なかなか空きがでません。その為、求人を見つけれれば運が良いと思っても良いです。

 

しかし、それはあくまでも施設の生活相談員の話であり、他のサービス事業所での生活相談員の募集は多いです。

 

特にデイサービスの生活相談員の募集は非常に多く、求人誌に掲載されている生活相談員のほとんどがデイサービスの生活相談員ということも少なくはありません。

 

デイサービスの生活相談員は一般的に激務であると言われており、退職する方も多いのです。

 

また、最近増えてきているのは病院での生活相談員です。病院での生活相談員は医療ソーシャルワーカーと言われており、入退院の連携を主に行います。

 

施設の生活相談員とは若干立ち位置が違いますが、この仕事も生活相談員の一つになります。

 

社会福祉士を対象としている場合が多いですので、募集要項をしっかりと確認してから応募をするようにしましょう。

 

介護専門の転職サイトを使ってみよう

生活相談員を目指して転職を希望している方は介護専門の転職サイトを利用してみましょう。

 

ハローワークや一般の求人サイトに比べて、介護求人の数・種類ともに豊富ですし、条件の良い非公開求人をたくさん持っているサービスもあります。

 

担当のコンサルタントが希望条件の施設探しから面接のセッティングまでサポートしてくれるので、働きながらでも安心して転職活動をすることが可能です。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください

 

人気の介護転職サイトはこちら

介護転職サイト

関連ページ

介護職 サブリーダーの仕事内容と給料・求人
サブリーダーの仕事は現場とリーダーをつなぐ仕事、調整する仕事です。仕事としては多忙になりがちで、役職手当もそこまで高くありませんが、将来的にリーダーになれる位置ですので頑張って働いている方もいます。求人も比較的多いですが、募集要件は確認してから応募するようにしましょう。
介護リーダーの仕事内容と給与・求人について
介護リーダーの仕事は職員の管理や、介護の方針を決めていったり、そのフロアの職員の代表者として働く必要があります。給与もその分高いですが業務も多忙であることが多いです。求人の数は少ないですので、求人を見つければ早めに応募をするようにしましょう。
介護長の仕事内容と給料・求人について
介護長は介護職の代表として様々な管理、統括業務を行います。また、法令順守ができているのかチェックすることも大切な仕事です。 給料は介護職の中ではもっとも高くなり、通常の介護職に比べても非常に高い給料を得ることができます。求人は新設の施設ではあるかと思いますが、既存の場合は生え抜きの職員がなることがほとんどですので求人が少ない傾向にあります。
介護施設長の仕事内容と給料・求人について
施設長は介護施設の中でもトップに位置する責任者です。責任者として介護施設が適切に運営できるように、経理面や人材面、労務管理などを調整していく必要があります。 給与は700万円前後が一般的ですが、法人によって大きく給料の差があるので注意しましょう。求人はなかなか見つけにくい部分があるかと思いますので、見つければ早めに応募することをお勧めします。
機能訓練指導員の仕事内容と給料・求人について
機能訓練指導員の仕事内容としてはリハビリが主になって、持っている資格によってその仕事内容は若干変化してきます。給与としては施設で働く場合は少ないですが、介護職や生活相談員よりも高いです。求人はなかなか空きの出ない職種ですので、在宅サービスにも目を向けてみると良いでしょう。