介護職 サブリーダーの仕事内容と給料・求人について

介護職 サブリーダーの仕事内容と給料・求人について

施設で働く介護職はチームで働きますので、それぞれのチーム内でリーダーやサブリーダーがいます。

 

ここではサブリーダーの仕事内容や、給与、求人にどのようなものがあるのか解説していきます。

 

介護職・サブリーダーの仕事内容

介護のリーダー職は管理職的な色合いが強いので、事務作業をしたり、業務を円滑にするため、現場仕事にはあまり入れない傾向にあります。

 

それに対してサブリーダーはリーダーと平介護職の間に位置する職種ですので、現場の仕事はもちろんですが、リーダー補佐として事務仕事や管理の仕事をする場合もあります。

 

また、リーダーが公休などの場合は、代わりにリーダー業務を行うことになるので、リーダーの仕事内容もある程度把握をしておくことが必要になります。

 

リーダーは現場に直接入る機会が少ないので、なかなか現場の状況を目で見てしっかり把握することができません。サブリーダーは現場の状況を伝えたり、リーダーの意見を現場に落とし込んだりすることが仕事になります。

 

また、現場からの声をリーダーに伝えたりすることも大切な仕事です。現場からの介護の意見が通るか通らないかで皆のやる気が変化してしまいますので、しっかりと意見を伝えることも大切ですし、意見が通らないことがある場合は、職員に対してフォローをしていくことが大切になります。

 

介護職のサブリーダーは人と人に挟まれる立ち位置になりますので、ストレスもたまりやすい仕事ですが、円滑に業務を回せられると充実感もあります。

 

どんな人が介護サブリーダーになれるのか

サブリーダーになれる人は、リーダー候補の方です。将来的にリーダー候補に考えている人がサブリーダーになる傾向にありますので、平の介護職の時から仕事ができていた人がなります。

 

ただ単純に介護がうまいだけではなく、職員との仲も良く、人当たりが良い人や、皆を率先した引っ張れるような方はサブリーダーに向いているといえます。

 

また、介護業界の転職ではサブリーダーから始める人もいます。

 

人と人を潤滑に回すことが仕事になりますので、人あたりも良く、皆に尊敬されるような方がなることが多いです。

 

介護職・サブリーダーの給与

施設にもよりますが、サブリーダーになりますと基本給は上がらずに役職手当というものがつくことが多いです。

 

その手当は5千円から2万円ほどであり、仕事量の増加に比べると少ないですね。

 

そのため、サブリーダーは退職を意識している方、またすでに退職をした方も非常に多いといえます。

 

しかし、サブリーダーはリーダーになる為の道筋であり、将来的に昇進を希望している、管理的な立場で働きたいと考えている場合は、サブリーダーの経験が必要になります。

 

サブリーダーの仕事はしんどい部分も多いですが、将来の役に立つと考えて、頑張って働いている人もいます。

 

介護職・サブリーダーの求人

サブリーダーの求人はサブリーダー募集と書かれている場合もありますが、ユニットリーダーとしても募集している場合があり、こちらの求人の方が多い傾向にありますので、注意しましょう。

 

給与としては、通常の介護職員と比べると高い傾向にあります。おおよそ1万円から2万円ぐらい高いです。

 

また、経験年数が少ない方は応募要件を満たしていない場合がありますので確認が必要になります。

 

通常3年以上は経験が必要であり、資格は介護福祉士を限定している場合がほとんどです。そのため、初任者研修などは要件を満たしていない可能性が非常に高いです。

 

サブリーダーの求人はリーダーよりも求人件数が多いので、最初からサブリーダーになりたいと考えている方にはお勧めです。

 

また、面接などでは管理仕事の経験の有無や、介護方針の考え方などを聞かれることがありますので、答えをある程度用意しておきましょう。

 

介護専門の転職サイトを使ってみよう

サブリーダーへの転職・就職を考えている人は介護専門の転職サイトの利用をオススメします。

 

一般のサイトやハローワークにはない非公開求人もたくさんあり、細かい条件を指定して自分に合った職場探しができます。

 

また、専任のコンサルタントが、それぞれに合った履歴書の書き方や面接の対応方法をアドバイスしてくれます。

 

希望に合いそうな求人情報を提案してもらうこともできるので、仕事をしながらでも効率よく転職活動ができる点も魅力ですね。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください

 

人気の介護転職サイトはこちら

介護転職サイト

関連ページ

介護リーダーの仕事内容と給与・求人について
介護リーダーの仕事は職員の管理や、介護の方針を決めていったり、そのフロアの職員の代表者として働く必要があります。給与もその分高いですが業務も多忙であることが多いです。求人の数は少ないですので、求人を見つければ早めに応募をするようにしましょう。
介護長の仕事内容と給料・求人について
介護長は介護職の代表として様々な管理、統括業務を行います。また、法令順守ができているのかチェックすることも大切な仕事です。 給料は介護職の中ではもっとも高くなり、通常の介護職に比べても非常に高い給料を得ることができます。求人は新設の施設ではあるかと思いますが、既存の場合は生え抜きの職員がなることがほとんどですので求人が少ない傾向にあります。
介護施設長の仕事内容と給料・求人について
施設長は介護施設の中でもトップに位置する責任者です。責任者として介護施設が適切に運営できるように、経理面や人材面、労務管理などを調整していく必要があります。 給与は700万円前後が一般的ですが、法人によって大きく給料の差があるので注意しましょう。求人はなかなか見つけにくい部分があるかと思いますので、見つければ早めに応募することをお勧めします。
生活相談員の仕事内容と給料・求人について
生活相談員は施設の顔として、利用者対応や家族の対応などを行って、契約などの事務的な作業も行います。給与としては介護福祉士よりも低い傾向にありますが、宿直を行うことによって同等かそれ以上になります。施設での生活相談員の募集は少ないのですが、デイサービスや病院での生活相談員の募集は比較的多いです。
機能訓練指導員の仕事内容と給料・求人について
機能訓練指導員の仕事内容としてはリハビリが主になって、持っている資格によってその仕事内容は若干変化してきます。給与としては施設で働く場合は少ないですが、介護職や生活相談員よりも高いです。求人はなかなか空きの出ない職種ですので、在宅サービスにも目を向けてみると良いでしょう。