介護職の腰痛対策

介護転職サイト

介護の仕事と腰痛記事一覧

介護の業界は他の業界と比べても腰痛を持っている方が多いと言われていますが、その原因としてはどのようなものがあるのでしょうか?中腰になって仕事をすることが多い介護職員は中腰の体制のまま仕事をしている場合が非常に多く、それが腰に負担を与えてしまって腰痛を引き起こす可能性がありますので、注意しましょう。例えば排せつ介助で頻繁に行うおむつ交換では、ベッドに寝ている高齢者に対して、排せつ介助を行いますので、...

介護の仕事をしているとどうしても腰に負担が掛かってしまいますので、腰痛を抱えてしまうことがあります。介護の仕事をしている中でできる、腰痛の対策や予防の方法とはどのようなものがあるのでしょうか?コルセットを装着するコルセットは腰痛対策や予防には非常に効果的であるといわれています。装着をするだけで腰痛を軽減できますので、その気軽さから多くの方が使用しています。特に痛みに対して効果が高く、腰をコルセット...

介護の仕事をしていると腰痛になってしまう方がいますが、そういった腰痛に対して治療や改善をするのには具体的にどのような方法があるのでしょうか?ご紹介をしていきますので、現在腰痛に悩んでいる方は是非参考にしてください。病院に行った方が良いのか腰痛に対して、病院での治療は効果的なのでしょうか?実際病院では医師をはじめとする、様々な医療関係者がいますので腰痛に対してアプローチを持ってくれますが、それが効果...

介護職員で腰痛を持っている場合は、腰痛予防ベルトをお勧めします。しかし、腰痛予防ベルトは種類が多いですので、どのようなものを選べばいいのか疑問に感じている方も多いと思います。ここでは腰痛予防ベルト=コルセットの選び方についてご紹介していきます。腰痛が酷い時は硬めのベルトがお勧め腰痛が悪化しており、常時に痛みを感じる場合は硬めのコルセットを使用することをお勧めします。硬めのコルセットはしっかりとした...

腰痛が原因で介護職として働けなくなった場合はどのようにして対処していけば良いのでしょうか。現在腰痛を抱えている方はもちろんですが、介護士と腰痛は非常に深い関係にありますので、介護従事者の方は是非参考にしてみてください。腰痛で仕事が続けられない場合腰痛が酷くなって、これ以上介護の仕事を継続することが難しくなってしまった場合は、退職をするのではなく休職をすることをお勧めします。休職の制度は施設にとって...

介護業界の仕事は腰痛になりやすい仕事だと言われています。実際仕事をしていると腰を痛める介護職員が多いです。介護業界の仕事で腰への負担が少ない仕事とはどのような仕事があるのでしょうか?訪問介護訪問介護は高齢者の自宅に伺い介護を提供する仕事ですが、身体介護だけでないです。訪問介護は身体介護と生活援助に分かれており、その総量は身体介護が6で生活援助が4だと言われています。生活援助は調理や洗濯、掃除などの...