介護の仕事における腰痛対策・予防の方法について解説

介護の仕事における腰痛対策・予防の方法について

介護の仕事をしているとどうしても腰に負担が掛かってしまいますので、腰痛を抱えてしまうことがあります。

 

介護の仕事をしている中でできる、腰痛の対策や予防の方法とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

コルセットを装着する

コルセットは腰痛対策や予防には非常に効果的であるといわれています。装着をするだけで腰痛を軽減できますので、その気軽さから多くの方が使用しています。

 

特に痛みに対して効果が高く、腰をコルセットで支えることによってヘルニアなどの骨の変形による痛みを緩和することができます。また、予防的にも効果があり、腰が曲がったりなどのことを防止することができます。

 

注意点としては、コルセットは本来ある腹筋や背筋などの代わりの役目をします。その為、コルセットをつけていると腹筋や背筋をほとんど使わない状況になりますので、その分腹筋や背筋が低下してしまうのです。

 

コルセットに頼ることも大切ですが、仕事以外ではなるべくつけないことも大切になってきます。

 

コルセットを常時つけている状態になりますと、つけていない時は常に痛みが伴うということになりますので、気をつけるようにしましょう。

 

適度に休息をとること

介護の仕事は非常に多忙な仕事ですので、仕事を継続して行う事があり継続的に腰を負担してしまうことがあります。

 

特に腰痛は継続した負担に対して非常に弱い一面がありますので、継続して腰に負担を与えることは予防しておくと良いでしょう。

 

例えば、おむつ交換であれば、高齢者の体制を変える際に、自分も一度背伸びをしておくなどをしたり、入浴介助であれば浴槽に入る前、入った後など、場面場面に応じて対応をする事が大切になります。

 

また、休憩中には寝転び腰を休めるなども効果的に腰痛を予防、改善するポイントだといえます。

 

ボディメカニクスを理解しよう

ボディメカニクスとは力学的に体の構造や機能を把握した、体に優しい介護の行い方であり、介護の世界では初歩の段階で教育されることが多いです。

 

このボディメカニクスは介護を行う上で腰痛を予防、改善させるためには非常に大切なことであり、介護の仕事をしていても腰痛などに悩まされない方は、多くがボディメカニクスを理解した介護方法を採用していることが多いです。

 

ボディメカニクスの基本的な原理としては、体全体を使用して介護を行うということです。体全体を使用することによって一部分に負担をかけないということで、要するに腰に負担を集中させないことを目的としています。

 

例えば、排泄介助をする場合は、ボディメカニクスの視点から説明をしていくと膝を曲げたりなどをして重心を低くする事が必要だとされています。重心が高いままおむつ交換などを行っていると上半身を前に倒す姿勢になりますので、腰に負担が掛かってしまいます。

 

しかし、重心を低くする状態になりますと、腰に負担がかかることなく、下半身全体に負担が掛かります。一部分に負担がかかる事に比べれば、この方法は下半身全体にかかりますので、負担集中の分散をすることができます。

 

このボディメカニクスは排泄介助だけではなく様々な場面で使用することができます。例えば移乗介助でもボディメカニクスは有効的に使用することができます。

 

特に身長の高い男性や身長が低い女性ではこの方法を活用しますと体を痛めることなく、しかも安全に行うことができるのです。

 

例えば体の大きな男性であれば自分の身長があるので、どうしても持ち上げてしまう形になりがちですが、重心を低くする事によって体全体で高齢者を支える形になります。重心が低いと低いもの(ここでは人)でも支えやすくすることができます。

 

また、体の小さな女性の場合は、足元がしっかりとしていない状態で持ち上げてしまいますと、それだけ体に負担を抱えてしまうのと、状態が不安定になってしまって事故などに繋がる可能性がありますので危険であるといえます。

 

腰痛は様々なことが原因で起こりますので、しっかりと予防をとること、または、しっかりと対策をとることが介護を続けていく上で大切なことであるといえます。

介護転職サイト

関連ページ

介護職員が悩む腰痛の原因は何?
介護の業界は他の業界と比べても腰痛を持っている方が多いと言われていますが、その原因としてはどのようなものがあるのでしょうか?様々な原因と、その対応策について詳しく解説していきます。
介護の仕事における腰痛の治療・改善
介護の仕事をしていると腰痛になってしまう方がいますが、そういった腰痛に対して治療や改善をするのには具体的にどのような方法があるのでしょうか?現在腰痛に悩んでいる方は是非参考にしてください。
介護職員向けの腰痛予防ベルトの選び方
介護職員で腰痛を持っている場合は、腰痛予防ベルトをお勧めします。しかし、腰痛予防ベルトは種類が多いですので、どのようなものを選べばいいのか疑問に感じている方もいます。ここでは腰痛予防ベルト=コルセットの選び方についてご紹介していきます。
介護の仕事をしていて、急に腰痛が酷くなった場合
腰痛が原因で介護職として働けなくなった場合はどのようにして対処していけば良いのでしょうか。現在腰痛を抱えている方はもちろんですが、介護士と腰痛は非常に深い関係にありますので、介護従事者の方は是非参考にしてみてください。
腰への負担が少ない介護業界の仕事は何がある?
介護業界の仕事は腰痛になりやすい仕事だと言われています。実際仕事をしていると腰を痛める介護職員が多いです。介護業界の仕事で腰への負担が少ない仕事とはどのような仕事があるのでしょうか?