健福祉士になるには?取得方法や試験の傾向について解説

精神保健福祉士になるには?取得方法や試験の傾向について

精神保健福祉士は精神障害を持つ方も社会復帰を支援していく国家資格です。

 

精神保健福祉士になるには、受験資格を経て国家試験に合格する必要がありますが、受験資格はどのようにして得ていけばよいのでしょうか。

 

また、国家試験に受かる為の勉強方法とはどのようなものがあるのか解説していきます。

 

精神保健福祉士の受験資格取得方法

精神保健福祉の受験資格は全て学校に通う必要があります。全部で11ルートの方法がありますが、特徴としては4年生の保健福祉系の大学に通わなければ全て養成校に通うか実務経験が必要になってきます。

 

4年生の保健福祉大学→国家試験
3年生の福祉短大→実務経験1年→国家試験
相談援助実務4年→養成校1年以上→国家試験

 

といったように最短でも4年かかります。

 

これは他の福祉系の資格に比べて時間がかかると言えます。

 

しかし、社会福祉士を取得している方であれば6か月の養成校に通うだけで取得することができますので、社会福祉士を持っている方は受験がしやすいと言えます。

 

精神保健福祉士国家試験の内容について

国家試験の内容は筆記試験のみです。マークシートの選択形式になってきます。

 

合格率は60パーセント以上ありますので、他の福祉系の資格に比べても受かりやすい資格だといえます。

 

精神保健福祉士の試験に受かるには

精神保健福祉士は何も知らない人にとっては非常に難しそうに思えますが、実際は養成校などに通ってから受験しますのである程度試験対策はできます。

 

精神保健福祉士の特徴としては、他の介護福祉士や社会福祉士に比べて医療的な問題が多いことが特徴的です。医療的な問題というのは、具体的に精神疾患の内容、それに対しての対処の方法、薬の種類など精神疾患全般の問題が出ますので、今まで馴染みのない人には覚えにくいジャンルです。

 

また、勉強方法としては、最初のうちは出来るだけ広く浅く勉強していって、徐々に具体的に細かいところまで勉強していくと全体像がうまくつかめるでしょう。

 

働きながら取得する人も多いと思いますので、うまく時間を使って勉強するようにしましょう。なかなか働きながら勉強するのは難しいですが、ポイントとしては時間をうまく使うということです。

 

おすすめの方法としては、CDテキストを使うということです。CDテキストでは問題を音声にしていたり、解説文を音声で読むこともできますので通勤の途中、仕事の合間などで勉強をすることができます。特に通勤時間でのCDテキストの使用はおすすめです。

 

朝に聞くことによって脳が活性化された状態勉強できますので効率よく覚えることができます。

 

また、問題を解くことにもなれておきましょう。

 

過去問題や予想問題を解答して、間違えればさらに復習してなるべく過去問題や予想問題を100点になるようにしておきましょう。

 

予想問題や過去問題がそのまま出ることはほとんどありませんが、問題を解いて覚えていくことによって解く自信がついて新しい問題でも落ち着いて解答することができます。

 

過去問題5年分、予想3年分ほどは試験日までにこなしていきましょう。

 

出来るだけ学校を卒業する年に取得を目指しましょう。

精神保健福祉士は学校や養成校に行かないと受験資格を取得することができませんが、できるだけ学校や養成校を卒業した年に受験をして合格するようにしましょう。

 

卒業をして時間がたってしまいますとどうしても勉強したことを忘れがちになりますし、何より卒業をして働きながら勉強するのは精神的にも肉体的にも負担が大きいのです。

 

そのため、卒業と同時に合格できる気持ちを持って挑むことが大切になってきます。

 

精神保健福祉士は精神疾患の患者が増加している今非常に注目されている資格です。病院や行政などでは重要な役割を担っていますので、精神患者の社会復帰を目指しているのであれば是非取得を目指しましょう。

 

介護職で働いている人が精神保健福祉士を取得しようと考えているならば、まず相談員の経験を積んで社会福祉士を取得、その後精神保健福祉士の養成校に行って資格の取得というコースが一番スムーズになります。

介護転職サイト

関連ページ

精神保健福祉士の求人傾向や活躍できる場所
精神保健福祉士の求人は今どのようになっているのか?また精神保健福祉士が活躍できる職場や分野についても詳しく解説していきます。
精神保健福祉士の給料・年収
精神保健福祉士の給料・年収は一体いくらくらいなのか?賃金が低い所と高い所の特徴や、精神保健福祉士からステップアップするための方法も教えます。
精神保健福祉士の役割や仕事内容について
精神保健福祉士の仕事内容や実際に活躍している場所、社会での役割・近年の傾向について説明しています。