精神保健福祉士の給料・年収はいくらくらい?賃金が高い施設についても解説

精神保健福祉士の給料・年収はいくらくらい?賃金が高い施設についても

精神保健福祉士はどれぐらいの給料や年収なのでしょうか。

 

また、精神保健福祉士としてのステップアップ、関連資格のご紹介をしていきます。

 

精神保健福祉士の年収について

病院、行政関係で働く精神保健福祉士の報酬
病院の連携室(患者の入退院を支援する部署)で働く精神保健福祉士の平均年収は350万円、基本的には日勤のみの仕事ですので宿直などを行えば400万円近くになります。

 

また、管理職など年収の高い人では500万円以上になることもあり男性が家庭を支えるのには十分な金額がもらえると言えます。

 

また、行政が管轄、行政が委託しているところで働く精神保健福祉士は公務員並みの給与がもらえますので、年収600万超えをしている方も少なくはありません。

 

行政関係で働くのにはある程度の経験、知識が必要で求職者も多いですので、狭き門だと言えますが安定したところで働きたい、少しでも給与が多いほうが良いと考える方にはおすすめです。

 

産業関係で働く精神保健福祉士の報酬
働く方の精神障害の相談や改善を目指していく産業関係の仕事では働く場所によって違ってきます。

 

産業医のもとで働く場合は病院並みの給与、企業に雇われて働く場合は企業に準じた給与になることが多いです。

 

特徴的なのは企業に雇われて働く精神保健福祉士です。精神保健福祉士を雇う企業は社員の数が多い大手の企業が多いですので、給与は非常に高くなります。

 

もちろん社員の病状改善、精神疾患者の減少などの結果が必要になってきますが、年収700万円前後をもらう精神保健福祉士もいます。

 

企業に対して1名ぐらいの配置ですし、精神保健福祉士を雇っている企業自体少ないですので、公務員よりも狭き門ですが興味がある方は一度応募してみると良いでしょう。

 

その他の施設で働く精神保健福祉士の報酬
障がい者施設で働く精神保健福祉士や、老人ホーム、児童施設で働く場合は社会福祉士と同じぐらいの給与で年収は200万から300万前後になってしまいます。

 

これは病院などでは収益も安定しており、収入が高いところが多くそれをスタッフの給与に反映できます。対して老人ホームや児童施設などでは収入自体が少ないことが多く、スタッフの給与に反映できずに給与が少なくなってしまいます。

 

このように精神保健福祉士では病院や行政関係で働くと他の福祉系の仕事に比べて収入は多くなりますが、障害者福祉、児童などで働くと収入は他の福祉系と同じぐらいの収入になります。

 

精神保健福祉士のステップアップ

おすすめの資格としては社会福祉士です。社会福祉士と精神保健福祉士は分野が関連している、共通していることが多いですので社会福祉士を取得しておき、知識の幅を広げておきましょう。

 

また、社会福祉士は精神保健福祉士に比べても求人の数が非常に多いですので、精神保健福祉士で求人が無くても社会福祉士として就職ができます。

 

社会福祉士関係で就職をしても精神疾患を持っている方と接する機会も多いですので、社会福祉士を取得しておくとメリットは多いです。

 

精神保健福祉士としてキャリアアップしたいのであればカウンセラー関係の資格を取得しておくのも良いです。

 

精神保健福祉士自体に対人援助技術が求められていますが、それをもっと専門的に学びたい、仕事に活かしたいと考える方はカウンセラーの資格を取得することをおすすめします。カウンセラーは臨床心理士が国家資格としてありますが、取得するには時間とお金が必要になってきます。

 

しかし、カウンセラーは臨床心理士以外にもあります。

 

例えば企業で働く社員などの心のケアを行う産業カウンセラー、心理学を用いたケアを行う認定心理カウンセラーなどがあります。

 

様々な資格がありますが、精神保健福祉士との関連性が高い資格ですので、興味がある方は是非取得しておきましょう。

 

その資格だけでは就職は難しいですが、精神保健福祉士との組み合わせで転職なども行いやすくなるのでおすすめです。

 

社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士と三福祉士とまとめて呼ばれますが、関連性の高いのは精神保健福祉士と社会福祉士です。介護福祉士は対人援助技術というものもありますが、基本的には直接的な介護が主ですので、関連性は低いといえます。

介護転職サイト

関連ページ

精神保健福祉士になるには
精神保健福祉士になりたい方へ。仕事内容や求人情報・受験資格取得方法や試験に受かるためのポイントついて解説しています。
精神保健福祉士の求人傾向や活躍できる場所
精神保健福祉士の求人は今どのようになっているのか?また精神保健福祉士が活躍できる職場や分野についても詳しく解説していきます。
精神保健福祉士の役割や仕事内容について
精神保健福祉士の仕事内容や実際に活躍している場所、社会での役割・近年の傾向について説明しています。