介護職の履歴書の書き方について

介護職への転職における志望動機の書き方について

介護転職サイト

介護職へ転職するのであれば志望動機というものはどのようなものがあるのでしょうか。

 

また、どういった事を書けば相手に良い印象を与えて採用に繋がるのでしょうか。

 

ここでは、採用につなげるための志望動機の書き方を具体例とともに紹介していきます。

 

 

志望動機の書き方について

志望動機は履歴書の中でも大きな欄が設けられています。その為、欄の枠内全て埋めるぐらいの志望動機を書くことをおすすめします。

 

志望動機はやる気、心意気を表しますのでできるだけ、分かりやすく、熱意を持って書くようにしましょう。

 

また、別紙で書いても良いですね。その際も長々書かずに伝えたいことを簡潔に書くようにしましょう。

 

介護業界はどんな人材を求めているのか?

良い志望動機を考えていくためには、介護業界としてはどのような人材を求めているのか考えてみましょう。

 

介護業界は人と接する仕事です、特に社会的には弱者とされる高齢者を相手にする仕事ですので、優しく、思いやりのある方を求めています。

 

また、介護業界は人材不足であり、在宅サービスなどでは近年報酬も下がってきており入社してすぐに辞められてしまいますとダメージは大きいです。すぐに辞めない、長く続けてくれるような人材を求めています。

 

介護業界はまだまだ発展途上の業界ですので、やる気に満ち溢れていて、会社(施設)に対して何かプラスになるようなアイディアを出してくれるような人、会社の発展に貢献してくれる人を求めています。

 

良い志望動機とは

志望動機は明確なものがあればそれを書けば問題ないですが、特に書くことが決まっていない、良い印象を与えたいという人は是非参考にしていただきたいです。

 

まず、高齢者に対して思いやりのあるような志望動機を書きましょう。

 

例えば「おばあちゃん子で昔から高齢者に携わる仕事をしてみたかった」「介護をして高齢者の笑顔を少しでも見たい」「自分が何かすることによって喜ばれる仕事に就いてみたかった」などが例になります。

 

次はすぐに辞めない、やる気があるところを見せましょう。

 

「家族がいるので安定したところで勤務がしたい」「長い目で見て貴社(施設)で働きたいと思いました」などが例になります。

 

次は会社(施設)に対してどのようなことができるのか書きましょう。

 

これは経験が必要です。ある程度介護の経験が無いと書けませんし、まだ採用されていない内は大風呂敷を広げても相手にされない可能性があります。その為、ポイントとしては「何かをやってくれそう」と期待を持ってもらうようにしましょう。

 

その為にはまず、相手の事を調べる必要があります。

 

会社(施設)のパンフレットなどがあれば一番良いですが、手に入れれないときはホームページなどで調べて、その施設が何に取り組んでいるのか、何を大切に思っているのかを調べましょう。

 

例えば「寝たきり0人を目指している」「地域の交流を大切にしている」「リハビリを頑張っている」など様々な取り組みを行っているはずです(時々何も書いていない場合もありますが)それに共感をして、一緒に取り組みたいという旨を書くようにすると良いですね。

 

例えば「リハビリを頑張っている」と書いているところであれば、「リハビリには昔から興味があり、介護職でありながら理学療法士の本を読んだり、作業療法士の本を読んで勉強していました。今まで勉強してきたことを発揮、これからも学んでいくため貴社(施設)の取り組みに共感して、一緒に取り組みたいと思います」といったように書くと好印象ですね。

 

まずは書類審査を突破すること

転職する場合は基本的に書類審査を合格しないと面接には辿り着く事が出来ません。いくら人当たりが良い、話がうまくても書類審査を合格しないと意味がありません。

 

経歴などももちろん大切ですが、志望動機をきちんと書くことによってやる気が伝わって合格しやすくなりますので、多少大袈裟でも考えて書いて書類審査を合格するようにしましょう。


介護転職サイト

関連ページ

自己PR欄の書き方
介護職の履歴書における自己PR欄の上手な書き方を具体例とともに紹介しています。