介護職の自己PR欄の書き方について

介護職への転職で、自己PR欄の上手な書き方を具体例とともに紹介

介護転職サイト

自分の思うところに転職したいのであれば、上手に自分をアピールする必要がありますが、

 

介護職の場合はどのような点について自己PRをしていけば良いのでしょうか。

 

上手な書き方、書く際の注意点などをご紹介していきます。

 

 

なぜ自己PRが必要なのか考える

自己PRが必要とされる理由としては、採用されるためです。自分を上手くアピールすることによって採用されやすくします。

 

その為、ポイントとしは採用者に対して、面接官に対して自己PRすることが大切になってきます。

 

面接官が「この人は魅力的」と感じてもらえれば採用されます。

 

面接官の気持ちになって考えていくことが大切になってきます。

 

面接官はどのような人材を求めているのか

 

面接官が求めている人材を想定して自己PRを作成することも大切です。

 

ポイントとしては、介護職を採用する際に重要視することを意識することです。

 

・介護職は常に人手が足りない業界で、採用してもすぐに辞めてしまうといった問題点があります。特にそれを感じているのは人事を行っている方です。

 

すぐに辞めてしまうのであれば最初から採用しないでおこうというのが本音です。

 

その為、すぐに辞めないような自己PRを書くと有効ですね。

 

例としては「一度始めた事は途中で投げ出しません」「今までの経験をここで生かしていきたいと考えています」といったことを書くと有効ですね。

 

・介護職はチームワークを大切にする職種です。チームで高齢者をケアしていきますので、しっかりとチームワークを取れる人でないとなかなか採用には至りません。

 

自己PR欄には「人の話を聞くことが得意です」「意見をまとめることが得意です」などといったチームワークを意識したようなアピールをすると良いでしょう。

 

・介護職は何をとってもやる気が大切になってきます。心身的に疲れてしまう仕事ですので、やる気がないとパフォーマンスの高い仕事はなかなかできません。

 

やる気をアピールするためには、「人一倍頑張ります」といったように使い古された言葉ではいけません。

 

もっと具体的にイメージしやすいやる気を見せることが大切になってきます。

 

その施設がどのような取り組みを行っているのか、それに対して自分はどうしていきたいのか、今までの自分の経験が生かせれるのか、などといったように、やる気=貢献しますというような書き方の方が書きやすいかと思います。

 

例えば今まで介護職として施設で働いており、次の転職先がリハビリに力を入れているのであれば。「貴社(施設)が力を入れているリハビリが魅力的に感じて応募いたしました。私自身今までリハビリには興味があり、運動系の資格を取得したり、リハビリに積極的に参加してきましたので、貴社(施設)でもその経験が生かせれる、また自分の学びが増えると感じました」と具体的に書くと良いでしょう。

 

自己PRが書けない場合はどうしたら良いのか

人によっては自分に自信が無く自己PRが書けない人もいると思います。そのような時はどうしたら良いのでしょうか。

 

まず、自己PRは書く欄があれば必ず書きます、間違っても空欄にはしないでおきましょう。

 

おすすめの自己PRとは堅実性をアピールするということです。しっかりと真面目に働きますということをアピールしましょう。

 

例えば「与えられた仕事は壁があっても、確実に最後までやり遂げることができます」といったような文言がおすすめですね。やはり採用する側としては、採用基準は様々ありますが、しっかりと真面目に仕事をしてくれる人は魅力的に感じます。

 

また、そういった性格でないという人もこれを機に自分を変えてみることもおすすめできます。真面目に、確実に仕事に取り組むという姿勢はどのような場面であっても有効です。

 

それでも書けないという人は、今まで人に褒められたどんな些細なことでもいいので、それを書くようにしましょう。正直に「働いていた頃、同僚から○○と言われた」というように書いても良いでしょう。正直な人、真面目な人と印象を持ってくれる可能性もあります。


介護転職サイト

関連ページ

志望動機の書き方
介護職への転職において志望動機はどのように書けばいいのか?採用に繋がる書き方を具体例とともに紹介していきます。