介護職の転職

いろいろな介護求人の探し方とは?求人サイトやハローワーク等について

求人検索にはインターネット、ハローワーク、求人広告など様々な媒体がありますが、どういった求人検索方法が良いのでしょうか?

 

ここでは様々な求人の探し方のメリット・デメリットについて解説していきます。

 

ハローワーク

ハローワークは公的な機関ですので、掲載される求人情報には信頼があり、その数も多いです。

 

就職先の評判を教えてくれるところもありますし(担当者によります)、上手く転職できるようにアドバイスをもらえたりします。

 

また、就職をすれば一時金を貰える制度もありますのでお得に転職ができます。

 

デメリットとしては、公的な機関ですので平日しか開いておらず、土日が休みの方にとっては非常に行きにくいところでもあります。

 

特にハローワークから自宅が遠い人は、火曜だけでもかなりの時間を割かないといけません。

 

最近ではインターネットから求人を探すこともできますが、応募をしたりなどは直接行かないといけませんので、ハローワークから遠い場所に住んでいる人は何かと不便がかかります。
また、応募者も多いですので、人気の求人はすぐに埋まってしまうデメリットもあります。

 

求人広告

日曜日などに求人広告が入っています。転職を考える多くの人はまずこういった求人広告をチェックするのではないでしょうか。

 

非常にタイムリーな情報ですので、すぐに応募をすればすぐに転職できる可能性もありますし、事業者との直接的なやりとりですので、面接などの日時も調整がしやすいです。

 

デメリットとしては、ハローワークなどのように一時金がもらえない、記載されている条件と違う場合がある(審査がないので)、多くの人が見ていますので人気のある求人はすぐに埋まってしまうなどがあります。

 

また、新聞をとらないといけないデメリットがあります。

 

求人サイト

介護職を専門に取り扱ったサイトもあるほど、インターネットには多くの情報が記載されています。ハローワーク、求人広告よりも手軽に見れるといった点は非常に大きなメリットになるかと思われます。

 

また、求人サイトによってはコーディネーターと呼ばれる転職を支援してくれるようなシステムを取っているところがあり、あなたにピッタリな求人を提案してくれます。

 

そのようなサイトでは就職祝い制度を実施しているところもありますので、是非活用してみましょう。

 

デメリットとしてはほとんどありませんが、信頼できる情報を得れるかどうかがポイントになってきますので、ソースが信頼できるものを見ましょう。

 

オススメの求人検索方法

オススメの求人検索方法としては、ネットなどで検索する方法です。

 

上記で書いたような求人検索サイトを見るのではなく、行きたい施設のホームページなどを閲覧する方法です。

 

ホームページには様々な情報が記載されていますが、求人について記載しているところもありますので、そういったところをチェックして施設や会社に直接問い合わせるようにしましょう。
ホームページですので、情報は新しく、給与条件なども最新のものが記載されていますので信頼できます。

 

また、直接施設や会社に電話をして募集をしているかどうかを問い合わせるのも良いでしょう。面接時や電話時に詳しい求人条件などを聞けば良いです。

 

施設によっては求人を出したいが広告費などがかさむため、あまり頻繁に出せないといったところもありますので、こちらから問い合わせることによって、施設や会社にとってメリットはあります。

 

求職者のメリットとしては、求人が公になる前に知ることができるというメリットがあります。そのメリットは非常に大きなものであり、人気の求人や条件の良い求人はサイトや求人誌、求人サイトに載ることになるとすぐに応募が多数あり、ライバルが多くなってしまう可能性があります。

 

そのため、求人が公になる前に応募できるというのが非常に大きなメリットになります。

 

求人の検索方法は様々な方法がありますが、現在ではネットが一番求人検索に活用されていると言われています。

 

働きながら転職先を探す人も多いと思いますので、仕事に支障がでないように、自分なりの良い方法を選んでみましょう。

介護転職サイト

関連ページ

良い職場の見分け方
介護職の転職で、転職先のどのような部分をチェックすればいいのか?環境の良い職場を見極めるために必要な事を詳しく説明していきます。