30代で介護職へ転職する際の傾向や求人探しで考えるべきポイント

30代で介護職へ転職する際の傾向や求人探しで考えるべきポイント

30代となると、結婚し子どもを授かり自分だけの生活だけではなく、家族を養う立場となる人も少なくありません。

 

また、20代までは自身がやりたい仕事だけをやっても、まだ許される世代であったとしても、30代となればしっかりとしたビジョンをもち、働くことが重要視されてきます。

 

では、30代介護職の転職の傾向や、求人探しを考える上でのポイントとは何か、ご紹介いたします。

 

男性介護士の、転職理由

男性介護士の場合、多くは収入面が理由に転職を考えることが多くなります。

 

家族の大黒柱として、家族を支えて生きたいと思う気持ちと、実際の収入が割に合わなく、その職場が好きだとしても、やむを得ず退職し転職することも少なくありません。

 

そのため、結婚を考える女性が表れた時など転機が訪れた時に、転職する男性介護士が多い傾向があります。

 

また、子どもができたタイミングで転職することも多く、30代の男性介護士の場合は自ら転職を望むのではなく、ライフスタイルが変わった時に離職し転職することが多いのが現状です。

 

そのため、次の転職先に求めるものは、給与面の比重が大きくなり、今よりも収入が高く家族を支えられるものを探すことが多いです。

 

女性介護士の、転職理由

女性介護士の場合も男性と同様に、多くは結婚や出産などの転機と同時に、転職することが多いです。介護士は特に夜勤などの不規則勤務が多く、家庭と育児の両立が厳しくなることも少なくありません。

 

そのため、女性介護士の場合は、結婚や出産を機に正職員の介護職から、パートの介護職になる人も少なくありません。または、訪問介護やデイサービスなどの、日中のみの施設を探し、転職することも多いのが現状です。

 

そのため、自身がやりたいと思っている仕事内容ではないとしても、家庭と育児との両立のために、転職をするということが多い傾向があります。

 

そのため、即戦力を求められる30代にとって、家事と育児という家庭での役割も担わなければならなくなり、仕事との両立をしていく中で、施設側が求める内容を吟味し転職先を探さなければならないのが現状としてあります。

 

30代介護士の求人探しのポイント

30代での求人探しの場合、考えるべきポイントは大きく分けて下記の2点となります。

 

@収支のバランスを考えた職場
Aワーク&ライフのバランス

 

30代は、特に子育て世代と言うこともあり、結婚や育児にお金がかかってきます。そのため、収支のバランスを考えた職場を選ぶことが重要となります。

 

収入がなければ、結婚もできませんし、子育てもできません。せっかく正職員で働いていても、大手企業だけではなく一般企業に比べても、介護職は給与が安いのが現状です。そのため、介護を続けていくためには、少しでも収入が多い職場を探すことが重要なポイントとなります。

 

しかし、収入だけが良くても、夜勤の回数や残業が多いと、家庭での立場がありません。そのため、家族も大切にできるような職場を、探すことが重要となります。

 

収入がよければ家にいない、家にいれば収入が低いのでは、介護職として働いている意味自体もわからなくなってしまいます。

 

また、このような状態では介護職の離職率は上がるばかりで、一番仕事ができ介護の現場として求めている30代が、介護の現場からいなくなってしまうことになります。

 

そのため、30代の介護職が充実した生活を送ることができる求人として、ワーク&ライフのバランスを取れる職場を探すことが重要となります。

 

特に、現状としては病院が後ろにある施設などは、比較的施設単体で経営している施設よりは待遇が良いのが現状であり、自身が働きたい内容とその施設で運営しているサービスの現状との折り合いを、自身で調べていくことが重要なポイントとなります。

 

30代と言うのは、人生の節目の年でもあり、これから先の人生に大きく左右される年と言っても過言ではありません。そのため、何よりも安定した収入と、家族との時間の双方を大切にしたいときでもあるということを理解し、転職先を考えていくことが重要となります。

介護転職サイト

関連ページ

30代で介護職へ転職する場合の面接のポイント
30代で介護職への転職を希望する場合、面接はどのようにすればいいのか?そのポイントや面接の際に確認しておくべき点などについて解説し ています。
30代で介護職へ転職する場合の履歴書の書き方
30代で介護職へ転職する場合、履歴書はどのように書けばいいのか?採用につながる履歴書の書き方のコツや絶対におさせておくべきポイントについて解説していきます。