介護職・職場ごとの志望動機・自己PR・面接対策について

介護転職サイト

介護職・職場ごとの志望動機・自己PR・面接対策記事一覧

グループホームは主に認知症の方が住んでいる施設です。認知症の方の介護を希望している人はもちろんですが、少人数制の介護をしてみたい方などにとっても最適な施設だといえます。ここでは介護職としてグループホームに転職するためのポイントについてご紹介していきます。

サービス付き高齢者向け住宅は有料老人ホームに比べて設置がしやすいという点から、最近増加してきている住宅であり、多くの高齢者が住んでおり人気があります。またそれに伴って施設で働く職員も増えています。ここでは、介護職としてサービス付き高齢者向け住宅に転職・就職する場合のポイントを紹介していきます。

障がい者施設では介護職の方が多く働いていて、特に重度心身障がい者施設では元々介護施設で働いていた方も多いです。介護を行う対象者は違いますが、やっている内容としては非常に似ている部分がありますので、介護施設から障がい者施設に転職する方も多いです。ここでは介護職として障がい者施設に転職をするための、志望動機や自己PR、面接方法などについて解説していきます。

デイサービスは介護保険の在宅サービスの一種であり、自宅まで高齢者を迎えに行って、食事やリハビリ、入浴などを実施している施設です。ここでは介護職としてデイサービスへ転職する場合の面接や志望動機、自己PRのポイントなどについて解説していきます。

特別養護老人ホーム(以下、特養)は介護施設の中で最も基本的な施設であり、働いている介護職員も最も多い施設です。ここでは特養に転職するためにはどのような点に注意し、志望動機や自己PRはどんなものが良いのか解説していきます。

ホームヘルパーは訪問介護事業所に属して、高齢者の自宅に伺い介護を提供するものです。訪問介護の事業所は在宅介護サービスで最も多い事業所ですので、ホームヘルパーとして働いている方も多いです。ここではホームヘルパーに転職するためのポイントについてご紹介していきます。

有料老人ホームは老人ホームの中でも特殊な施設であり、民間企業が運営している施設です。そのため、施設ごとの特徴が大きく異なり、高齢者の利用料も大きく違います。有料老人ホームで働くのであればどのような志望動機、自己PR、面接方法が適切なのでしょうか?

老人保健施設(以下、老健)に転職を考えている場合はどのような点に注意して面接や履歴書の対策をすればよいのでしょうか。老健の特徴を踏まえたうえで面接・志望動機・自己PRのポイントについて説明をしていきますので、転職を考えている方は是非参考にしてみてください。

介護の世界では旅行介護ヘルパーというものが存在します。旅行介護ヘルパーに転職をするためには志望動機や面接、自己PRはどのように行えばよいのでしょうか?経験や知識が武器になる旅行介護ヘルパーは介護が必要な方に対して付き添いを行い、随時介護を行っていく職業です。それをほとんどの場合は1対1で実施をしますので、適切な介護を行えるだけの技術はもちろんですが、何かトラブルがあった時でも適切に対処できるような...

一般病院で働く介護士の方は非常に多く、看護助手という肩書で働いている人も多いです。介護職員として一般病院へ転職をする為にはどのような志望動機や自己PR、面接の対応が良いのでしょうか?スムーズに転職するためのコツをご紹介します。