デイサービスへの転職における面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント

デイサービスへの転職における面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント

デイサービスは介護保険の在宅サービスの一種であり、自宅まで高齢者を迎えに行って、食事やリハビリ、入浴などを実施している施設です。

 

ここでは介護職としてデイサービスへ転職する場合の面接や志望動機、自己PRのポイントなどについて解説していきます。

 

デイサービスでの面接の注意点

デイサービスの特徴としては

 

  • レクリエーションが多い
  • 元気な高齢者比較的多い
  • 車での送迎がある
  • 入浴介助が毎日実施されている
  • 歩ける高齢者が多い

 

などといったものがあります。

 

そのため、面接では元気な高齢者を安心して任せられるような印象を持ってもらえるような対応をすると良いでしょう。

 

デイサービスは現在高齢者の数に対して、非常に多くなってきていますので、高齢者の取り合いの状況になっています。

 

高齢者に対して失礼などがあれば、他のデイサービスに移ってしまう場合があります。そういった可能性がある職員は不採用になりやすいですので、できるだけ好印象を持ってもらうことが必要になります。

 

まずは元気に対応をすることを意識しましょう。笑顔で対応するのはもちろんですが、ハキハキとした受け答えの方が受かりやすいです。

 

デイサービスに転職・就職する場合の志望動機

デイサービスでは元気な高齢者も多く、レクリエーションなども充実しているところが多いですので、そういった部分に積極的に関わりたいということをアピールすると良いでしょう。

 

「レクリエーションを多く実施していきたい」「元気な高齢者とのかかわり方を学びたい」「全介助では一部だけ介助をする方法を学びたい」などといった志望動機が自然です。

 

以前の職場が特養などの施設の勤務の場合は、

 

「特養では重介護を中心に行っており、寝たきりの方の対応はできるようになりましたが、軽介護はあまりしたことがなかったので、軽介護の介護方法を学べると思い応募しました。また、レクリエーションも本来は好きでしたが、活用する場ではなかったので、デイサービスの高齢者を対象としたレクリエーションを実施したいと考えています」

 

などという志望動機が自然です。

 

特にレクリエーションは職員によって苦手な方もいますので、その方をフォローするような人材として活躍をできる事をアピールするようにしましょう。

 

また、介護職員として入社して、後々は相談員などを目指す人も多いかと思います。そういった時は介護職員としてデイサービスのことを学んだ後に、生活相談員として働きたいと思っていますというような、向上心を持っていることを志望動機としてアピールしても良いです。

 

デイサービスでの転職・就職で自己PRを行う際のポイント

デイサービスで自己PRを行う為には、自分の経歴を振り返ってデイサービスで生かすことができる特技や経験をアピールするがお勧めです。

 

訪問介護を行っていた場合は、食事作りのレクや、個別対応は得意としていますなどといったPR。施設で働いた場合は、重度の方の介護は任せてください、入浴介助や排せつ介助は今まで何度もやってきていました。などといったPRが自然になります。

 

また、デイサービスは送迎を行うことになりますので、車の運転が得意だということ、道を覚えるのが得意だということもPRすると良いかと思います。

 

デイサービスの場合は細い道を通る場合もありますので、送迎者を誰にするのか困る場合があります。ある程度の道であれば問題ないということを伝えることもPRのポイントになります。

 

特に半日型のリハビリデイサービスであれば、送迎が一日2回以上ありますので、運転する時間が長いですので、運転が得意というのは採用されやすいPRになるといえます。

 

デイサービスは現在でも非常に増えてきているサービスの一つです。夜勤や残業が少なく、働く方にとっても人気があるので、しっかりとPRすることで転職活動を有利に進めましょう。

 

デイサービスの転職活動に、無料の転職サイトを使ってみよう

デイサービスへの転職・就職を検討している人は介護専門の転職サイトを使ってみましょう。

 

面接対策から履歴書の書き方まで、専任のコンサルタントがアドバイスをしてくれるサービスもあります。

 

また、表には出てこない非公開求人情報をたくさん持っているサイトもありますので、希望の転職・就職先を効率よく探すことができます。

 

お金は一切かからないのでおすすめ

 

人気の介護転職サイトはこちら

介護転職サイト

関連ページ

グループホームへの転職・面接や自己PRについて
グループホームは認知症の方が主に住んでいるところであり、その特性に合したアピールや面接方法、自己PRの方法を選択するようにしましょう。特に認知症について〇〇ができる、〇〇をしてきたなどの言葉は面接官にとって頼りになりますので、その辺りを中心に伝えると効果的です。
サービス付き高齢者向け住宅への転職における面接・志望動機・自己PR
サービス付き高齢者向け住宅に転職をする場合は、その特徴をしっかりと理解した上で面接や自己PR、志望動機などを伝えるようにしましょう。元気な人が多い施設ですので、その辺りを上手く理解して、伝えれると転職もスムーズにいきます。
障がい者施設への転職・面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント
障がい者施設は介護施設と違う部分が多く、比較的志望動機や自己PRが書きやすいかと思います。また、面接時でも若い世代を相手にする障がい者施設ですので、ハキハキとした元気なイメージをもってもらうようにしましょう。
特別養護老人ホームへの転職・面接や履歴書の志望動機・自己PR
特養へ転職する場合は特養の種類によってアピール方法、志望動機を変えていくようにしましょう。また、他のサービスと比べても、チームで仕事をすることが多いですので、面接時にはチームワークを乱さないような対応方法でアピールするようにしましょう。
ホームヘルパーへの転職・面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント
ホームヘルパーは訪問介護事業所に就職することになりますので、訪問介護事業所が求めるポイントについて自己PRをするようにしておき、志望動機なども訪問介護の特徴を踏まえた上で対応することが大切です。面接時は質問にある程度答えれるように、在宅サービスについてはある程度知っておくようにしましょう。
有料老人ホームへの転職・面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント
有料老人ホームは他の施設に比べて料金が高く接遇に気を付けているところが多いです。また、施設によって特徴が大きく違いますので、その辺りを踏まえて転職を行うとスムーズにいきやすい傾向にあります。
老人保健施設への転職・面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント
老健は元気な方が多く、医療的、リハビリ的にも充実している施設です。その特性をきちんと確認をして面接や志望動機、自己PRなどを考えていくことが大切です。自分の今までの経験や、これからなりたい将来像に結び付けて考えておくようにしましょう。
旅行介護ヘルパーへの転職・面接や履歴書の志望動機・自己PR
介護旅行会社は1対1で高齢者の外出をサポートしますので、知識や経験、対応力、明るさなどが必要不可欠です。その辺りを志望動機や自己PRしておくと良いでしょう。また、介護旅行会社はヘルパー不足に悩んでいますので、その辺りを理解しているというアピールも有効になります。
一般病院への転職における面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント
高齢者施設と病院は大きく違う所が何点かあります。特に医療施設ですので、その部分をしっかりと理解した上で志望動機や面接、自己PRをすると良いでしょう。介護職として働きますが、あくまでも看護助手として扱うところまりますし、介護士として扱ってくれるところもありますので、その辺りは事前に調べておいても良いと思います。