一般病院への転職における面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント

一般病院への転職における面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント

一般病院で働く介護士の方は非常に多く、看護助手という肩書で働いている人も多いです。

 

介護職員として一般病院へ転職をする為にはどのような志望動機や自己PR、面接の対応が良いのでしょうか?

 

スムーズに転職するためのコツをご紹介します。

病院の特徴から志望動機を考える

一般病院は医療施設ですので、介護施設にはない特徴があります。志望動機は特徴に合して考えるとスムーズにいきます。

 

その特徴としては

 

  • 医師や看護師、その他医療職が多い
  • 医療的なニーズのある方が多い
  • 看護師助手として働いているところが多い
  • ボーナスや給与が介護施設よりも高い所が多い
  • 緊急時には医師が対応してくれる

 

などがあります。

 

「医療的な知識を学びたくて病院での勤務を希望します」「医療の現場の介護を学びたくて病院で働きたいと思いました」「給与面で魅力的に感じました」などが志望動機として考えられます。

 

医療面で勉強したい、医療面の介護を行いたいなど、医療に関連付けると良いと思います。

 

また、給与面を志望動機にする際は、その病院の給与が本当に高い場合のみ使えるものであり、給与が周りの病院と比べても低いのに、志望動機で給与面を伝えるとあまり調べてこなかったのかと不信感をもたれることがありますので、注意しましょう。

 

面接での対応のポイント

病院は療養や治療の必要な方がいますので、高齢者施設に比べて急変になったり、非常に繊細な介護を求められることがあります。

 

ミスをして命を落とすこともありますので、病院としてはこれらのことは防止したいのです。

 

面接ではしっかりと仕事を任せられるようなイメージを持ってもらうことが大切です。

 

まず聞かれた質問に対してはハッキリと答えることが大切です。早く答えようとすれば言葉に詰まってしまう可能性がありますので、一呼吸おいて落ち着いて丁寧に答えるように心がけましょう。

 

また、病院はある程度の医療的な知識を持っている介護士の方が優先をして採用する傾向にありますので、介護士として必要な医療知識は事前にチェックしておきましょう。

 

特に高齢者に多い、胃ろうや鼻腔、褥瘡や吸引についての知識はある程度準備しておいた方が良いです。介護士として知っておきたい医療知識ですので、答えられない場合は介護士としての質を疑われることもあり、注意が必要です。

 

自己PRのポイント

一般的に病院での介護士の仕事としては、排せつ介助や食事介助、入浴介助などの基本的なことになります。そのため、基礎的な介護力が身についていることをアピールするのは有効です。

 

また、時間もタイトでありスムーズに作業をこなすことができる点をアピールしましょう。「以前の職場では高齢者〇名に対して介護を提供していました、非常に忙しい現場でしたが事故や高齢者に無理を与えることなく介護をしていました」などが良いと思われます。

 

また、介護士として高齢者の接遇の向上に対して力を入れてほしいと望んでいる施設もあります。

 

医療面ではどうしても生活面が犠牲になることがありますので、その辺りを変えてくれる人材を求めている病院は多いです。

 

「高齢者を楽しませる事、レクリエーションなどは得意ですし、高齢者の環境整備も得意としています。病院は生活の場ではありませんが、患者さんが落ち着いて過ごせるように環境整備などを行えます」といった自己PRも面接官からしてみれば魅力的に見えます。

 

病院によってそれぞれ求める人物像が違いますので、パンフレットやホームページなどを閲覧してある程度予想できるようにしましょう。

 

面接官が求めていることだけをPRするのではなく、相手の意向を読み取る事が必要です。

 

介護専門の転職サイトを使ってみよう

一般病院への転職・就職を考えている人は介護専門の転職サイトの利用をオススメします。

 

専任のコンサルタントが、それぞれに合った履歴書の書き方や面接の対応方法をアドバイスしてくれますし、面接に同行してサポートしてくれるサービスを行っている会社もあります。

 

また事前に転職先の詳細や職場の雰囲気といった情報まで調べてくれる所も多いので、仕事をしながらでも効率よく求人探しができます。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください

 

人気の介護転職サイトはこちら

介護転職サイト

関連ページ

グループホームへの転職・面接や自己PRについて
グループホームは認知症の方が主に住んでいるところであり、その特性に合したアピールや面接方法、自己PRの方法を選択するようにしましょう。特に認知症について〇〇ができる、〇〇をしてきたなどの言葉は面接官にとって頼りになりますので、その辺りを中心に伝えると効果的です。
サービス付き高齢者向け住宅への転職における面接・志望動機・自己PR
サービス付き高齢者向け住宅に転職をする場合は、その特徴をしっかりと理解した上で面接や自己PR、志望動機などを伝えるようにしましょう。元気な人が多い施設ですので、その辺りを上手く理解して、伝えれると転職もスムーズにいきます。
障がい者施設への転職・面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント
障がい者施設は介護施設と違う部分が多く、比較的志望動機や自己PRが書きやすいかと思います。また、面接時でも若い世代を相手にする障がい者施設ですので、ハキハキとした元気なイメージをもってもらうようにしましょう。
デイサービスへの転職・面接や履歴書の志望動機・自己PR
デイサービスは比較的元気な高齢者も多く人気のサービスの一つです。スムーズに転職するためには、デイサービスのレクリエーションが多い、送迎がある、元気な高齢者がいるといった特徴を理解して面接に挑むようにしましょう。
特別養護老人ホームへの転職・面接や履歴書の志望動機・自己PR
特養へ転職する場合は特養の種類によってアピール方法、志望動機を変えていくようにしましょう。また、他のサービスと比べても、チームで仕事をすることが多いですので、面接時にはチームワークを乱さないような対応方法でアピールするようにしましょう。
ホームヘルパーへの転職・面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント
ホームヘルパーは訪問介護事業所に就職することになりますので、訪問介護事業所が求めるポイントについて自己PRをするようにしておき、志望動機なども訪問介護の特徴を踏まえた上で対応することが大切です。面接時は質問にある程度答えれるように、在宅サービスについてはある程度知っておくようにしましょう。
有料老人ホームへの転職・面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント
有料老人ホームは他の施設に比べて料金が高く接遇に気を付けているところが多いです。また、施設によって特徴が大きく違いますので、その辺りを踏まえて転職を行うとスムーズにいきやすい傾向にあります。
老人保健施設への転職・面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント
老健は元気な方が多く、医療的、リハビリ的にも充実している施設です。その特性をきちんと確認をして面接や志望動機、自己PRなどを考えていくことが大切です。自分の今までの経験や、これからなりたい将来像に結び付けて考えておくようにしましょう。
旅行介護ヘルパーへの転職・面接や履歴書の志望動機・自己PR
介護旅行会社は1対1で高齢者の外出をサポートしますので、知識や経験、対応力、明るさなどが必要不可欠です。その辺りを志望動機や自己PRしておくと良いでしょう。また、介護旅行会社はヘルパー不足に悩んでいますので、その辺りを理解しているというアピールも有効になります。