旅行介護ヘルパーへの転職における面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント

旅行介護ヘルパーへの転職における面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント

介護の世界では旅行介護ヘルパーというものが存在します。

 

旅行介護ヘルパーに転職をするためには志望動機や面接、自己PRはどのように行えばよいのでしょうか?

 

経験や知識が武器になる

旅行介護ヘルパーは介護が必要な方に対して付き添いを行い、随時介護を行っていく職業です。

 

それをほとんどの場合は1対1で実施をしますので、適切な介護を行えるだけの技術はもちろんですが、何かトラブルがあった時でも適切に対処できるような知識を持ち合わせているのが強みになります。

 

もちろんどんなところに転職をする場合でも経験や知識が必要になりますが、長時間の間1対1で対応することになりますので、その辺りをより見られるようになります。

 

そのため、自己PRをする時は「基本的な介護技術や緊急時の対応については習得しています」というアピールが相手にとっても安心して任すことができる印象を持ってもらいやすくなります。

 

高齢者とどこかに行くことが好き

旅行介護ヘルパーの仕事は旅行以外にも様々な場面で利用されます。例えば買い物も依頼されることがありますし、病院での付き添い、冠婚葬祭などについても依頼があります。

 

そのため、旅行が好きだから旅行介護ヘルパーに応募をしたという志望動機では弱いことがりますので注意しましょう。

 

高齢者と一緒にどこか出かけるのが好きだという方が相手にとっては好印象を持たれることがありますし、旅行介護ヘルパーは旅行だけではないということを知っているアピールにもなります。

 

面接では明るく、丁寧に対応をする

旅行介護は介護保険をほとんど使いませんし、そもそも訪問介護の指定を取っていない旅行会社では介護保険を使うことができません。

 

どういったサービスをしているのかはホームページやパンフレットで確認をしておくようにしましょう。

 

介護保険を使っていないのであれば、旅行介護は全て実費になります。これが非常に高い値段です。

 

例えば職員1名を完全に付き添いするのであれば一日あたり2万円以上の付き添い料+付き添い職員の旅費も出さないといけませんので、場所によっては5万円以上の出費が必要なことがあります。

 

それだけのお金を払うだけのサービスを実施しないといけません。また、付き添いですので基本的にはずっと一緒にいることになります。そのため、一緒にいても不快にならないように対応をしないといけません。

 

不快に感じてしまいますと二度とその旅行会社を使わないことになってしまいます。そのため、面接では丁寧に対応をして好印象を持ってもらうことが大切です。

 

ポイントとしてはやはり明るい印象を持ってもらうこと、丁寧な印象を持ってもらうことです。付

 

き添いを任せられるのかというところ、高齢者を不快にさせないのかというところを最重視する会社が多いですのでその辺りを踏まえて対応をするようにしましょう。

 

旅行会社が求めている人材

通常外出の際の付き添いであれば訪問介護が対応することができますが、近年介護保険が厳しくなっており訪問介護による外出の付き添いが困難になってきています。

 

そのため、自費サービスでも自由に対応をしてくれる訪問介護は非常に使いやすく、料金も多少高いですが、細かいところも助けてくれる介護旅行会社のニーズが高くなってきています。

 

そのため、転職先として介護旅行ヘルパーを選択する方も多くなってきています。

 

ただ、介護旅行会社の一番の悩みは仕事があってもそれを対応してくれる人がいないということです。旅行の案件があれば2日、3日ぐらい対応してくれる職員が少ないので困っているという旅行会社が増えてきています。

 

そういた悩みがありますので、「急な案件でも出勤ができます、自由に時間が使えますので任せてください」といった2日、3日ぐらいであれ丸々出勤ができますというようなことを面接で伝えると採用がスムーズになります。

 

今後も伸びてくる介護旅行会社ですので、転職をして活躍できるようにしましょう。

介護転職サイト

関連ページ

グループホームへの転職・面接や自己PRについて
グループホームは認知症の方が主に住んでいるところであり、その特性に合したアピールや面接方法、自己PRの方法を選択するようにしましょう。特に認知症について〇〇ができる、〇〇をしてきたなどの言葉は面接官にとって頼りになりますので、その辺りを中心に伝えると効果的です。
サービス付き高齢者向け住宅への転職における面接・志望動機・自己PR
サービス付き高齢者向け住宅に転職をする場合は、その特徴をしっかりと理解した上で面接や自己PR、志望動機などを伝えるようにしましょう。元気な人が多い施設ですので、その辺りを上手く理解して、伝えれると転職もスムーズにいきます。
障がい者施設への転職・面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント
障がい者施設は介護施設と違う部分が多く、比較的志望動機や自己PRが書きやすいかと思います。また、面接時でも若い世代を相手にする障がい者施設ですので、ハキハキとした元気なイメージをもってもらうようにしましょう。
デイサービスへの転職・面接や履歴書の志望動機・自己PR
デイサービスは比較的元気な高齢者も多く人気のサービスの一つです。スムーズに転職するためには、デイサービスのレクリエーションが多い、送迎がある、元気な高齢者がいるといった特徴を理解して面接に挑むようにしましょう。
特別養護老人ホームへの転職・面接や履歴書の志望動機・自己PR
特養へ転職する場合は特養の種類によってアピール方法、志望動機を変えていくようにしましょう。また、他のサービスと比べても、チームで仕事をすることが多いですので、面接時にはチームワークを乱さないような対応方法でアピールするようにしましょう。
ホームヘルパーへの転職・面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント
ホームヘルパーは訪問介護事業所に就職することになりますので、訪問介護事業所が求めるポイントについて自己PRをするようにしておき、志望動機なども訪問介護の特徴を踏まえた上で対応することが大切です。面接時は質問にある程度答えれるように、在宅サービスについてはある程度知っておくようにしましょう。
有料老人ホームへの転職・面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント
有料老人ホームは他の施設に比べて料金が高く接遇に気を付けているところが多いです。また、施設によって特徴が大きく違いますので、その辺りを踏まえて転職を行うとスムーズにいきやすい傾向にあります。
老人保健施設への転職・面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント
老健は元気な方が多く、医療的、リハビリ的にも充実している施設です。その特性をきちんと確認をして面接や志望動機、自己PRなどを考えていくことが大切です。自分の今までの経験や、これからなりたい将来像に結び付けて考えておくようにしましょう。
一般病院への転職における面接や履歴書の志望動機・自己PRのポイント
高齢者施設と病院は大きく違う所が何点かあります。特に医療施設ですので、その部分をしっかりと理解した上で志望動機や面接、自己PRをすると良いでしょう。介護職として働きますが、あくまでも看護助手として扱うところまりますし、介護士として扱ってくれるところもありますので、その辺りは事前に調べておいても良いと思います。