介護職の職場の種類

介護職の職場の種類記事一覧

介護職の仕事は様々な障害を持った方の支援をする事です。足が動きにくい、マヒがあるなど身体的に不自由がある人はもちろんですが、認知症など精神的に不自由がある人も対象にしています。介護職と聞きますと高齢者のみが対象だと思いがちですが、障害を持ったあらゆる年代の人が対象になります。介護職が働ける場所はどのようなところがあるのでしょうか。ここでは代表的な施設サービスをご紹介していきます。

介護保険では施設サービスと在宅サービスに分けられていますが、使っている数は在宅サービスの方が圧倒的に多いです。近年では在宅サービスも充実してきていると言われていますが、まだまだ足りていない地域も多く早急に整備が必要になってきています。介護職が働く場所としても在宅サービスは主流になってきていて、その数は施設サービスで働く職員の数倍とも言われています。

グループホームは認知症を患わっている人が、少人数で生活する施設です。自宅を改装したものから、施設のタイプなど社会福祉法人以外に、民間企業が運営している場合もあります。グループホームでは基本的に介護職が主に活躍していますので、転職を考えている方は候補に挙がることが多いかと思います。

サービス付き高齢者住宅とは、介護施設の中では新しい種類の住宅です。高齢者が安心して過ごせるように作られました。近年では非常に多くの施設が建てられており、今後もその数は増えていく傾向にあります。

介護職と言うと、高齢者を対象としているイメージをお持ちの方も多いですが、障がい者に対しても介護は行います。高齢者と障がい者では一体どのような違いがあるのでしょうか。障がい者施設で働きたい、障がい者について勉強がしたいと考えている方は是非参考にしてください。

通所介護はデイサービスとも呼ばれる在宅サービスの中心的なサービスになっています。利用者を車で自宅まで迎えに行き、施設でお風呂や食事、リハビリ、レクリエーションなどを行います。デイサービスで働く介護職はどのような仕事をしているのか、賃金やデイサービスに転職する際のポイントもご紹介していきます。

一般的に老人ホームと呼ばれる施設は特別養護老人ホームです。介護保険上は介護老人福祉施設と呼ばれるもので、介護保険上で非常に重要な役割の施設です。近年の法改正で要介護3以上の高齢者しか基本的にはいません。一度入れば亡くなるまで生活するのが基本で、どれだけその人らしく生活をしてもらえるのかが課題となっています。それでは仕事内容や給料、転職する際のポイントをご紹介していきます。

訪問介護は在宅サービスで最も使われているもので、事業所の数も多いです。その為、訪問介護で働く介護職の数も非常に多く、施設勤務の方が在宅サービスに転職する際にも訪問介護は選ばれやすい種類です。それでは、その仕事内容や待遇についてみていきましょう。

有料老人ホームには3種類あります。介護が必要な方がそのホームに勤務している職員から介護を受ける介護付き有料老人ホームがもっとも一般的な形です。住宅型有料老人ホームは介護が必要になったらサービスを利用できるサービス、健康型有料老人ホームが最も少なく、これは介護が必要になってしまった場合は退所しないといけません。ここでは介護職の転職で最も一般的な介護付き有料老人ホームについて説明していきます。

老人保健施設(以下、老健)は特別養護老人ホーム(以下、特養)に並んで、介護保険で重要な役割をしている介護施設の一つです。特養は終の住処であることに対して、老健は病院と在宅の間を取り持つ役目をしています。その為、病院から老健に入所してリハビリを行い在宅復帰に繋げるのが目的となっています。

高齢者になって、身体に障害があっても旅行などのお出かけにいきたいと思う高齢者に付き添って介助を行う仕事があります。介護職の中でも比較的特殊な仕事ですが、高齢者が多くなってきている近年旅行介護のニーズも増えて来ています。こういった旅行介護の実際の仕事内容や、働く際の注意点などをご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

介護職が働く所は老人ホームや在宅サービスが多いですが、一般病院でも求人はされています。一般病院ではどのような求人が多いのでしょうか、また就職するためのポイントなどもご紹介していきます。

クリニックや診療所(以下クリニック等)では看護師だけではなく、介護職の方も働いています。クリニック等ではどのような勤務体制なのか、仕事内容、求人情報についてなどをご紹介していきます。

介護保険のサービスのひとつとして、ショートステイというものがあります。短期入所生活介護といって、短い期間介護を受けながら宿泊できるサービスです。多くの介護職が活躍されていますが、どういった仕事内容で、どのような求人があるのでしょうか。

介護タクシーと通常のタクシーとの違いは、タクシーの乗り降りの介助が付いているかついていないかです。介護タクシーでは自宅から車まで付き添いを行ったり、車から病院等まで付き添いを行うことができますので、足の不自由な方でも安心して利用することができます。介護タクシーはどのような求人があり、実際行う仕事、注意点などをご紹介していきます。

介護施設や介護サービス事業者では事務の方が働いており、主に請求などを行う人のことを介護事務と言います。ここでは介護事務の求人について、実際の仕事内容などをご紹介していきます。