老人保健施設における介護職員の仕事内容や給料、転職について

老人保健施設ってどんなところ?仕事内容や給料・転職のポイント

訪問介護

老人保健施設(以下、老健)は特別養護老人ホーム(以下、特養)に並んで、介護保険で重要な役割をしている介護施設の一つです。

 

特養は終の住処であることに対して、老健は病院と在宅の間を取り持つ役目をしています。

 

その為、病院から老健に入所してリハビリを行い在宅復帰に繋げるのが目的となっています。


介護職の立ち位置

老健は特養と比べて看護師の数が非常に多いのが特徴的です。

 

入居者100人に対して、医師は1人、看護職員は9人、介護職員は25人、作業療法士か理学療法士か言語聴覚士が1人と決められています。これは特養に比べて看護師の数が多く、介護職の数が少ないです。

 

老健自体が医療的な部分が強く、生活のための場ではありますが、リハビリ強化、医療的な充実を主にしていますので特養に比べての介護職の発言は弱いです。

 

その為、老健での重要な役職は看護師が行っていることが多く、介護職で現場でトップに立っているのは珍しいと言えます。

 

介護職の仕事内容

老健の仕事内容としては、特養と変わらず排泄介助、入浴介助、食事介助などの身体介護から、レクリエーションなどの実施、イベント時などの用意、カンファレンスなどの出席などが挙げられます。

 

これに加えてリハビリ補助も介護職の重要な役割になっています。

 

リハビリの専門職は多くの老健で1名しか配置しておらず、全員の利用者に対してリハビリを実施するのは難しく介護職の手を借りることもあります。しかし、これはあくまでもリハビリ専門職の補助としての扱いですので、メニューを決めたりすることはありません。

 

勤務シフトはほとんどの老健では、2交代勤務をしていることが多く、夜勤は夕方から翌日の朝まで、早出、遅出ももちろんあります。

 

老健で学べること

老健では医療ニーズの高い方、リハビリニーズの高い方が入所されます。その為、日々の業務で医療行為やリハビリ行為に触れること、目にすることが必然と多くなってきます。

 

医療、リハビリの知識を増やしたい方には非常におすすめな場所です。

 

また、特養と同じぐらいの数の利用者を日々見ていきますので、介護技術の向上も期待できます。実際老健を経験した介護職は、医療的な知識が豊富であり、介護技術も高いですので重宝される傾向にあります。

 

在宅復帰についても考えることができるのも老健の特徴です。老健の目的は在宅復帰ですので、どうしたら在宅でしっかりと過ごせるのか、在宅で困らないようにどんな介護をしていけば良いのかを考えることができます。

 

老健での介護職の給与について

老健はどこの老健もある程度同じ給与水準であることが多く、特養に比べると高い給与のことが多いです。380万円から450万程が平均であると言われており、特養と比べても高いことがわかります。

 

なぜ多いかと言いますと、特養は老健と比べても利用者一人当たりの単価が高く、在宅復帰などを頻繁に行っていますとさらに高くなります。

 

医師や看護師の給与を差し引いても介護職に還元できる資金があるのです。

 

老健就職する際のポイント

老健で働きたいと思うのであれば、ある程度の医療的な知識を覚えておくようにしましょう。

 

医療的な知識と言っても、深く掘り下げたものではなく高齢者に多い疾患、例えばバルーンの取り扱い方、褥瘡の処置方法、胃瘻などの取り扱い方などを知っておくとスムーズに業務に取り掛かることができます。

 

また、高齢者に良く服用される薬についても勉強しておきましょう。老健では日々高齢者の薬の言葉が飛び交いますので、ある程度知っておきますとこの高齢者は○○の薬を服用しているから、○○に注意しないといけないなど、薬からある程度の利用者の状態が把握できます。

 

老健は介護保険の施設の中でも医療に重点を置いた施設ですので、就職をすれば得れるものは大きいかと思います。

 

医療知識や技術を取得できれば他のところにいっても何か会っても動じることなく、対応することができますので、経験として老健一度は経験してみると良いでしょう。

 

介護専門の転職サイトを使ってみよう

老人保健施設への転職・就職を希望している方は介護専門の転職サイトを利用してみましょう。

 

ハローワークや一般の求人サイトに比べて、介護求人の数・種類ともに豊富ですし、条件の良い非公開求人をたくさん持っているサービスもあります。

 

また希望条件の施設探しから面接のセッティングまでサポートしてくれるので、働きながらでも転職活動をすることが可能です。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください

 

人気の介護転職サイトはこちら

介護転職サイト

関連ページ

介護職員が働ける場所はどんなところがあるのか?
介護職員が働ける場所はどんなところがあるのか解説
在宅サービスで介護職員が働ける場所とは
訪問介護やデイサービス・福祉用具販売など、介護職が活躍できる在宅サービスを紹介しています。
グループホームってどんなところ?
介護職の職場・グループホームの仕事内容や給料について解説しています。
サービス付き高齢者住宅ってどんなところ?
介護職の職場・サービス付き高齢者住宅の入居者の特徴やそこでの仕事内容・職員の給料について解説
障がい者施設はどんなところ?
介護職の職場・障がい者施設での仕事内容や給料・そこで得られるスキルや転職のポイントについて解説しています。
通所介護(デイサービス)ってどんなところ?
通所介護(デイサービス)での介護職の仕事内容や給料・利用者の特徴・転職のポイントなどについて解説しています。
特別養護老人ホームってどんなところ?
介護職の職場・特別養護老人ホームの給料や仕事内容・勤務体制や転職について解説しています。
訪問介護ってどんなところ?
介護職の転職で訪問介護はどうなのか?その仕事内容や給料・年収、向いている人はどんな人なのかについて詳しく解説しています。
有料老人ホームってどんなところ?
有料老人ホームの仕事内容や介護職員の役割、給料の額や転職する際の注意点等について解説しています。
旅行介護の仕事内容と求人
旅行介護の仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。
一般病院の介護求人と仕事内容・給料や必要とされるスキルについて
一般病院の介護の仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。
クリニック・診療所の介護求人と仕事内容
クリニック・診療所での介護の仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。
ショートステイの介護求人と仕事内容
ショートステイの介護の仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。
介護タクシーの求人と仕事内容
介護タクシーの仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。
介護事務の求人と仕事内容について
介護事務の仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。