特別養護老人ホームってどんなところ?仕事内容や給料、転職について

特別養護老人ホームってどんなところ?仕事内容や給料、転職ポイント

特別養護老人ホーム

一般的に老人ホームと呼ばれる施設は特別養護老人ホームです。介護保険上は介護老人福祉施設と呼ばれるもので、介護保険上で非常に重要な役割の施設です。

 

近年の法改正で要介護3以上の高齢者しか基本的にはいません。一度入れば亡くなるまで生活するのが基本で、どれだけその人らしく生活をしてもらえるのかが課題となっています。

 

それでは仕事内容や給料、転職する際のポイントをご紹介していきます。


介護職の位置づけとは

特別養護老人ホーム(以下、特養)での介護職は一番数も多くメインになる職種です。看護職が利用者30人毎に約1名の配置に対して、介護職員は利用者3名に対して1名の配置になりますので、介護職の数は非常に多いのが特徴的です。

 

また、介護職を取りまとめる役職についている人も介護職出身の方が多く、看護が主体となる老人保健施設などに比べると介護職でも役職に就きやすいのが特徴的です。

 

介護職から生活相談員、ケアマネージャーになる人も多いですが、それらは定数が元々少ないですので(一般的に施設に1人づつ)介護職のスキルアップとしては、主任やリーダーなどの介護職の役職が多いです。

 

施設では何を行うにしても介護職がメインとなって進んでいくことが多いです。利用者の介護方針についてもケアマネージャーが介護職の情報を重視しますし、施設内で行うイベント等についても介護職をメインに進めていくことが多いです。

 

特別養護老人ホームでの仕事内容

仕事内容は非常に多岐にわたります。

 

要介護者に対しては、排泄介助、食事介助、入浴介助などの基本的な介護は全て行います。

 

もし、今まで訪問介護などで身体介護の経験が少ないなどといった場合には特養をおすすめします。訪問介護では多くても一日5、6人ほどの利用者しか関われないですが、特養では50人以上関わることもありますので、おむつ交換、排泄介助などの技術は向上します。

 

また、施設内のイベントにも介護職員は積極的に参加します。レクリエーションはもちろんですが、外出ツアー、施設イベントなど企画をおこなったりします。

 

その他の仕事としては、看護師の医療処置の補助、カンファレンスの参加、リハビリの手伝いなど非常に多岐に渡って仕事を行います。

 

特別養護老人ホームの勤務体制

勤務は正社員であれば必ず夜勤が付きます。夜勤は2交代制と3交代制の勤務で変わってきます。

 

2交代制であれば夜勤は夕方から翌日の朝までで、夜勤明けの次の日が公休。3交代制であれば夜から翌日の朝までで夜勤明けの日が公休扱いとなります。もちろん早出、遅出もありますので、そのあたりは良く確認しておきましょう。

 

夜勤手当は多いところで一回当たり7000千円、安い所では4000千円ぐらいです。これは業務の忙しさによっても比例している部分がありますので、一概に高いから良いとはいえません。

 

特別養護老人ホームの給料について

特養は社会福祉法人が経営していますので、場所によって大きく給料が変わるといったことはありません。一般的に介護職であれば年収は300万円から400万円前後が多いです。これは夜勤も含めた金額ですし、役職手当も全て含めた金額です。

 

働き始めはやはり300万円を下回ることも少なくはありません。経験年数を積んで、夜勤もこなして、役職もついている場合は450万円前後になることもあります。

 

特別養護老人ホームへの転職のポイント

特養に転職する時のポイントとして、自分がどのような介護をしたいか、どのようになりたいかによってポイントは変わってきます。

 

もし、高齢者に寄りそって本当の意味での介護をしたいというのであれば、新型特養にしておきましょう。特養は大きく分けて2種類、従来型特養と新型特養です。新型特養はユニット型特養とも言われて2001年頃から新設されてきています。新型特養は全室個室で10名を1フロアとして生活してもらっているので、高齢者の個別ニーズに対応しやすいメリットがあります。

 

従来型特養をおすすめする人は、介護技術を上げたいと思う人です。50人から60人を1フロアで見ますので、一日に見る高齢者の数は非常に多く自然と介護技術は向上します。

 

介護専門の転職サイトを使ってみよう

特別養護老人ホームへの転職・就職を希望している方は介護専門の転職サイトを利用してみましょう。

 

ハローワークや一般の求人サイトに比べて、介護求人の数・種類ともに豊富ですし、条件の良い非公開求人をたくさん持っているサービスもあります。

 

また希望条件の施設探しから面接のセッティングまでサポートしてくれるので、働きながらでも転職活動をすることが可能です。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください

 

人気の介護転職サイトはこちら

介護転職サイト

関連ページ

介護職員が働ける場所はどんなところがあるのか?
介護職員が働ける場所はどんなところがあるのか解説
在宅サービスで介護職員が働ける場所とは
訪問介護やデイサービス・福祉用具販売など、介護職が活躍できる在宅サービスを紹介しています。
グループホームってどんなところ?
介護職の職場・グループホームの仕事内容や給料について解説しています。
サービス付き高齢者住宅ってどんなところ?
介護職の職場・サービス付き高齢者住宅の入居者の特徴やそこでの仕事内容・職員の給料について解説
障がい者施設はどんなところ?
介護職の職場・障がい者施設での仕事内容や給料・そこで得られるスキルや転職のポイントについて解説しています。
通所介護(デイサービス)ってどんなところ?
通所介護(デイサービス)での介護職の仕事内容や給料・利用者の特徴・転職のポイントなどについて解説しています。
訪問介護ってどんなところ?
介護職の転職で訪問介護はどうなのか?その仕事内容や給料・年収、向いている人はどんな人なのかについて詳しく解説しています。
有料老人ホームってどんなところ?
有料老人ホームの仕事内容や介護職員の役割、給料の額や転職する際の注意点等について解説しています。
老人保健施設ってどんなところ?
老人保健施設の仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。
旅行介護の仕事内容と求人
旅行介護の仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。
一般病院の介護求人と仕事内容・給料や必要とされるスキルについて
一般病院の介護の仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。
クリニック・診療所の介護求人と仕事内容
クリニック・診療所での介護の仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。
ショートステイの介護求人と仕事内容
ショートステイの介護の仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。
介護タクシーの求人と仕事内容
介護タクシーの仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。
介護事務の求人と仕事内容について
介護事務の仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。