介護職の活躍できる場所で在宅サービスにはどんなものがあるの?

在宅サービスで介護職員が働ける場所はどんな所があるの?

在宅サービス

介護保険では施設サービスと在宅サービスに分けられていますが、使っている数は在宅サービスの方が圧倒的に多いです。

 

近年では在宅サービスも充実してきていると言われていますが、まだまだ足りていない地域も多く早急に整備が必要になってきています。

 

介護職が働く場所としても在宅サービスは主流になってきていて、その数は施設サービスで働く職員の数倍とも言われています。


訪問介護

在宅サービスと呼ばれるもので一番主流になるサービスが訪問介護です。ホームヘルパーとも呼ばれますね。

 

介護職が高齢者の自宅に訪問して、掃除や洗濯、調理などの生活援助や、おむつ交換、更衣などの身体介護を行います。必要に応じて買い物などをおこなったりします。

 

基本的に訪問介護で働けるのはヘルパー2級以上で、契約やサービス担当者会議、初回訪問、ヘルパーの管理などを行うサービス提供責任者は介護福祉士の資格が必要です(ヘルパー2級でも可能であるが、減算があり実質的には就けない)

 

訪問介護員は基本的に登録ヘルパーが行くことが多いですが、正社員のヘルパーもいます。その場合は登録ヘルパーが抜けたところに行ったり、利用者宅をはしごで回るなど時間に追われて多忙であると言われています。

 

訪問入浴介護

自宅ではお風呂に入ることができないお風呂が無い人に対して、浴槽を提供したり、お風呂入れるように手伝ったり、入浴専門のサービスです。

 

訪問介護などに比べると圧倒的に数は少ないですが、ニーズはあります。

 

身体が大きな高齢者も入れることがありますので、力仕事になることもあります。また、夏場などは汗をかきながら介助をすることもありますので、かなりの体力仕事です。

 

その為か働いている人は男性が多いのも特徴的です。

 

通所介護

デイサービスと言われています。デイサービスは高齢者の保育園のようなイメージです。車で自宅まで迎えに行って、デイサービスで食事や入浴、リハビリ、レクリエーションなどを行います。

 

訪問介護では最低でもヘルパー2級が必要でしたが、デイサービスは働くのに資格は必要ありません、無資格でも可能ですが、車で送り迎えを行うので普通免許は必須です。

 

元気な高齢者が多いですので、楽しくレクリエーションができる方、ピアノや歌など何か特技などがある方は非常におすすめの職場になります。

 

介護福祉士を取得していれば生活相談員にもなることができます(地域によって異なる)

 

福祉用具貸与、福祉用具販売

介護職でも行けるの?と疑問に思う人も多いですが、これらの事業者の営業マンは介護職経験者が非常に多いです。

 

資格は福祉用具専門相談員という資格が必要になってきますが、介護福祉士、初任者研修を持っている人であれば、福祉用具専門相談員と同等の効力を持っていますので、仕事に就くことができます。

 

福祉用具に興味がある方、利用者の住宅環境を整えたいと思う方、営業職をしたい方にはおすすめの就職場所です。

 

営業の仕事になりますので、他のサービスと比べても、男性が非常に多く、売り上げによっては高収入を期待できる職種です。

 

短期入所生活介護

ショートステイと呼ばれるサービスです。普段自宅にいる方が1泊や2泊などの短い期間施設を利用するサービスです。

 

ショートステイは特養などの空きベットを使用して利用する空床型、特養などに併設してある併設型、ショートステイ単独の単独型がありますが、圧倒的に多いのが空床型、併設型です。

 

単独型は最近増えてきていますが、まだまだ数は少ないです。

 

介護職がメインとなって働いています、通常の特養と比べるといろんな利用者が変わり変わり利用していきますので、利用者の状態把握、荷物の紛失が無いかなど気を使う場面も多いですが、ずっと同じ利用者ではありませんので、気分的に楽だという介護職も多いです。

 

在宅サービスと施設サービスとの大きな違いは、在宅サービスの方が高齢者は圧倒的に元気です。特に要支援者などは一般の高齢者とほとんど変わりませんので、おじいちゃん、おばあちゃんが好きな方には在宅サービスの方が合っています。

 

介護専門の転職サイトを使ってみよう

転職・就職を希望している方は介護専門の転職サイトを利用してみましょう。

 

どのような施設の求人があるのか一目で確認することができ、また希望すれば条件に合った施設探しから面接のセッティングまでサポートしてくれます。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください

 

人気の介護転職サイトはこちら

介護転職サイト

関連ページ

介護職員が働ける場所はどんなところがあるのか?
介護職員が働ける場所はどんなところがあるのか解説
グループホームってどんなところ?
介護職の職場・グループホームの仕事内容や給料について解説しています。
サービス付き高齢者住宅ってどんなところ?
介護職の職場・サービス付き高齢者住宅の入居者の特徴やそこでの仕事内容・職員の給料について解説
障がい者施設はどんなところ?
介護職の職場・障がい者施設での仕事内容や給料・そこで得られるスキルや転職のポイントについて解説しています。
通所介護(デイサービス)ってどんなところ?
通所介護(デイサービス)での介護職の仕事内容や給料・利用者の特徴・転職のポイントなどについて解説しています。
特別養護老人ホームってどんなところ?
介護職の職場・特別養護老人ホームの給料や仕事内容・勤務体制や転職について解説しています。
訪問介護ってどんなところ?
介護職の転職で訪問介護はどうなのか?その仕事内容や給料・年収、向いている人はどんな人なのかについて詳しく解説しています。
有料老人ホームってどんなところ?
有料老人ホームの仕事内容や介護職員の役割、給料の額や転職する際の注意点等について解説しています。
老人保健施設ってどんなところ?
老人保健施設の仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。
旅行介護の仕事内容と求人
旅行介護の仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。
一般病院の介護求人と仕事内容・給料や必要とされるスキルについて
一般病院の介護の仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。
クリニック・診療所の介護求人と仕事内容
クリニック・診療所での介護の仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。
ショートステイの介護求人と仕事内容
ショートステイの介護の仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。
介護タクシーの求人と仕事内容
介護タクシーの仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。
介護事務の求人と仕事内容について
介護事務の仕事内容・介護職員の役割、そこで学ぶことができるスキルや職員の給料・転職する際の注意点等について解説しています。